時間価値の高いSEOを提供するためには行動計画がブレてはいけない

行動計画を文書化することは時間価値の最大化を実現する。時間価値の高い仕事は利益に貢献する。

時間価値の高い仕事をするには、いったいどうすれば良いでしょうか。
これは単純に、客単価を高くする、という意味ではなく、自分の作業を含むビジネス活動のすべてにおいて、ムダとなる部分を最小化出来るかどうか、という視点です。

SEOの依頼を受ける前と受けた後の行動計画を、きっちりと文書化しておくことは、活動のブレ幅を抑える役割があります。
クライアントの要望は様々だからこそ、ブレた行動は時間のロスに繋がるのではないでしょうか。


“時間価値の高いSEOを提供するためには行動計画がブレてはいけない” の詳細は »

コンテンツ文章のキーワード分散のSEO重要度はどれぐらいなのか

SEO塾マニュアルを読むとリカバリーの合理性がわかる。アルゴリズム変動を検知して対応する方法論。

キーワードの分散というノウハウを解説しているSEO記事があります。
分散とは、キーワードボリュームや近接度などに注意しながら、全体の文章の上中下に適度に割り振る、というものです。
面倒ですね(汗)

全てのページに、このように神経を使う必要があるのでしょうか。
このノウハウは、将来に渡っても有効であるという証明が出来るのでしょうか。


“コンテンツ文章のキーワード分散のSEO重要度はどれぐらいなのか” の詳細は »

単なるセールストークから高品質サービスまで判断不能な言い回しについて

SEOの威を借るウェブデザインの話。SEOを意識したデザインやSEOに強いテンプレートの真相とは

ホームページのデザインや制作を請負う業者さんのセールストークとして、「SEOを意識したデザイン」という言葉があります。

ほんとうにそんな事が可能なのでしょうか?
それが実現したら、SEOエキスパートはいらない、という話になりませんかね?


“単なるセールストークから高品質サービスまで判断不能な言い回しについて” の詳細は »

検索エンジン最適化業者の頭文字もSEOだとSEO対策は業者対策?

Googleは検索エンジン最適化業者もSEOと記すと書いています。SEO対策は業者対策とも受け取れる?

SEOとは、という検索キーワードでヒットするウェブページの内容のほとんどは、検索エンジン最適化という解釈を前提としてコンテンツが制作されています。
まあ、一般的に考えると、それが当然の流れですよね。

ところがですよ、Googleでは、検索エンジン最適化業者の意味としても扱っているようですね。
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=35291


“検索エンジン最適化業者の頭文字もSEOだとSEO対策は業者対策?” の詳細は »

 

「SEOに強い」サイトとかテンプレートとか元を質せば人の知識とノウハウ

SEOの強さをウェブサイトのプラットフォームやテンプレートに依存するのは初心者だけにしようね

WordPressはSEOに向いているプラットフォームなのか、という疑問を持っている人がいるということですので、それについて語ってみたいと思います。
SEO塾テンプレートもWordpressに実装するタイプですから、放ってはおけないのです(笑)

かつて「ブログはSEOに強い」という表現を繰り返していたアフィリエイターらが、今では全く何も言わなくなりました。
SEOに強いかどうかは、プラットフォームで決まるのでしょうか?


“「SEOに強い」サイトとかテンプレートとか元を質せば人の知識とノウハウ” の詳細は »

SEOカウンセリングではトラフィックと成約の問題を区別させることが重要

トラフィックの獲得と成約は別問題であることを認識していないのがクライアントであるという前提で。

SEOのコンサルティングでは、時折、クライアントとの意志の疎通が難しく感じる時があるのではないでしょうか。
特に、クライアントがSEOを手っ取り早くやれるものであるという先入観があると、それだけで障害が発生する可能性も否定できないですよね。

つまり誤解を解くことから始めるのが、現状のSEOコンサルティングのスタートではないでしょうか。
違いませんか、SEOエキスパートの皆さん。


“SEOカウンセリングではトラフィックと成約の問題を区別させることが重要” の詳細は »

 

誰も参入しないブルーオーシャン市場に飛び込んだら先行利益獲得?

ブルーオーシャン市場に参入して先行利益を得るというのは幻想なのか現実的な話なのか。

SEO塾セミナーは、SEOを知りたい学びたいという方にとっても、有意義な内容であると自負しております。
SEOはとりわけ独学率が高いのではないかと、勝手に判断しているところはあります。

目に見えない検索アルゴリズムを解明しようとするわけですから、「よお、SEOやらないか?」って簡単に声をかけるようなことは出来ないと思うんですよね(笑)
もし、実際に声掛けしたら、引かれてしまうかもしれません(汗)


“誰も参入しないブルーオーシャン市場に飛び込んだら先行利益獲得?” の詳細は »

ドメインというサイバー不動産所有権は投資対象として最大のROIを生む

ドメインを所有する目的は何かを深く考えてみる。1ドメイン当たりのROIがプラスならば数を増やすだけ。

ドメインを取得することは、資産を手に入れることと同じだと思っています。

極端な話、1ドメイン1アクセスでも、1000ドメイン所有していれば、1日1000アクセスを得ることが出来ます。
月間ですと、約30,000アクセスです。
もちろん、これは現実的なトラフィックの獲得法ではありません。

言いたいことは、基準値の限界を解き放つ、ということです。


“ドメインというサイバー不動産所有権は投資対象として最大のROIを生む” の詳細は »

 

ウェブサイトオーナーがやってはいけないリンク依頼の些細なミステイク

リンクの依頼先のデータベースを作成して進捗管理することはもはや当たり前。リンク管理能力とは。

リンクの管理は適正にやっていますか?
SEOエキスパートと言えど、技術やカキルの向上だけでなく、管理能力やマネジメント能力も鍛え上げていく必要は、当然のごとくあるわけです。

リンクひとつ管理出来ない、というSEOエキスパートは居ないのですが、新人ウェブサイト運営者に贈るエントリーとして、お読み頂ければ幸いです。


“ウェブサイトオーナーがやってはいけないリンク依頼の些細なミステイク” の詳細は »

ランディングページ最適化で見込み客から固定客へのステップに

ランディングページの最適化は見込み客を固定客へと転換させる機能もあるかもしれないことについて。

冗長なテキスト文で埋め尽くされているランディングページは、見る価値に値するかどうか、という議論は少なからずありますよね。
縦に長いセールスページについての是非が、インターネット上で展開されているわけですが、ページの長い短いではなくて、何にフォーカスしているか、ということがポイントではないでしょうか。

よく、縦長セールスページを読ませる文言として、メールマガジンなどで「よく読むように」「ノウハウが隠されています」と伝えるわけですが、買う気にさせるためのテクニックですよね。


“ランディングページ最適化で見込み客から固定客へのステップに” の詳細は »