ウェブサイトオーナーがやってはいけないリンク依頼の些細なミステイク

リンクの管理は適正にやっていますか?
SEOエキスパートと言えど、技術やカキルの向上だけでなく、管理能力やマネジメント能力も鍛え上げていく必要は、当然のごとくあるわけです。

リンクひとつ管理出来ない、というSEOエキスパートは居ないのですが、新人ウェブサイト運営者に贈るエントリーとして、お読み頂ければ幸いです。

リンクを依頼することは、実は勇気がいることです。
相手に評価してもらうことと同じですからね。
もちろん、リンクしてもらえる可能性も計算は出来ないので、一定レベルの品質を備えたウェブサイトでなくてはならないのです。

リンクの交渉相手となるウェブサイトの選定がカギですね。
同一テーマ、関連テーマ、権威あるサイトなどに振り分けて、データベースを作りましょう。
データベースと言っても、紙にズラッと書き並べたものでも結構です。

目的は、リンクの依頼の進捗状況を管理することにあります。
いかに自然にリンクを得ていくか、ということも大切ですが、同じ相手に、数日経って再度メールを送信してしまった、というドジを踏むウェブサイトオーナーもいるわけです。

こういう些細なミステイクはご法度です。
なぜならば、スパムメールと判断されとしまっては、評判にかかわってくるからなんですね。
更には、管理能力の欠如したウェブサイトオーナーであるというレッテルを貼られてしまうことで、リンク拒否の可能性が高くなるためです。

SEO被リンク バックリンク・システム

(1)アンカーテキストの集中分散 (2)独自のリンク元価値評価 (3)順位がアップダウンするリンクパターン(外部でも内部でも)解明。有料リンク疑惑や不自然なリンク判定を回避して、大量シンク神話もリンク否定風評も寄せつけない実績。

«
»