seoblog

検索エンジン最適化業者の頭文字もSEOだとSEO対策は業者対策?

Googleは検索エンジン最適化業者もSEOと記すと書いています。SEO対策は業者対策とも受け取れる?

SEOとは、という検索キーワードでヒットするウェブページの内容のほとんどは、検索エンジン最適化という解釈を前提としてコンテンツが制作されています。
まあ、一般的に考えると、それが当然の流れですよね。

ところがですよ、Googleでは、検索エンジン最適化業者の意味としても扱っているようですね。
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=35291


“検索エンジン最適化業者の頭文字もSEOだとSEO対策は業者対策?” の詳細は »

「SEOに強い」サイトとかテンプレートとか元を質せば人の知識とノウハウ

SEOの強さをウェブサイトのプラットフォームやテンプレートに依存するのは初心者だけにしようね

WordPressはSEOに向いているプラットフォームなのか、という疑問を持っている人がいるということですので、それについて語ってみたいと思います。
SEO塾テンプレートもWordpressに実装するタイプですから、放ってはおけないのです(笑)

かつて「ブログはSEOに強い」という表現を繰り返していたアフィリエイターらが、今では全く何も言わなくなりました。
SEOに強いかどうかは、プラットフォームで決まるのでしょうか?


“「SEOに強い」サイトとかテンプレートとか元を質せば人の知識とノウハウ” の詳細は »

SEOカウンセリングではトラフィックと成約の問題を区別させることが重要

トラフィックの獲得と成約は別問題であることを認識していないのがクライアントであるという前提で。

SEOのコンサルティングでは、時折、クライアントとの意志の疎通が難しく感じる時があるのではないでしょうか。
特に、クライアントがSEOを手っ取り早くやれるものであるという先入観があると、それだけで障害が発生する可能性も否定できないですよね。

つまり誤解を解くことから始めるのが、現状のSEOコンサルティングのスタートではないでしょうか。
違いませんか、SEOエキスパートの皆さん。


“SEOカウンセリングではトラフィックと成約の問題を区別させることが重要” の詳細は »

ランディングページ最適化で見込み客から固定客へのステップに

ランディングページの最適化は見込み客を固定客へと転換させる機能もあるかもしれないことについて。

冗長なテキスト文で埋め尽くされているランディングページは、見る価値に値するかどうか、という議論は少なからずありますよね。
縦に長いセールスページについての是非が、インターネット上で展開されているわけですが、ページの長い短いではなくて、何にフォーカスしているか、ということがポイントではないでしょうか。

よく、縦長セールスページを読ませる文言として、メールマガジンなどで「よく読むように」「ノウハウが隠されています」と伝えるわけですが、買う気にさせるためのテクニックですよね。


“ランディングページ最適化で見込み客から固定客へのステップに” の詳細は »

 

SEOで良いと思ったらまず仮説として実験をして検証しなければNG

内部最適化を完璧にやれば外部リンクの構築に全力を注げばいい?という問いも問題が内包されている。

SEO塾は、持続可能なSEOを標榜し、モジュールという概念を作り出しました。

しかしですね、これが受け入れられないという人もいるわけですが、何が気に食わないのでしょうかね?
試してもいないでしょうに。

とにかくSEOの世界はやっかみや批判が日常茶飯事で、もっと仲良く出来ないものかと思うのですが・・。


“SEOで良いと思ったらまず仮説として実験をして検証しなければNG” の詳細は »

ブログ投稿に必要な時間はかけるべきだけどムダな時間は排除しよう

人様にウンチクを垂れるなら既に相手より成功していなければならない。でないと虚言癖と思われるぞ。

SEO塾BLOG親衛隊は、Wordpressを利用して構築されています。
なかなか使い勝手もいいんですよ。
SEO塾のモジュール理論を埋め込んでいるだけではなくて、作業効率がよろしくないとテンプレートの意味が無いですからね。

特にタグの入力には好評を頂いています。
価格が高いという声もありますが、便利さと作業効率をお金で買える、という視点がなければ、価格そのもので判断するしかないですから、ご縁が無かったということになりますね。


“ブログ投稿に必要な時間はかけるべきだけどムダな時間は排除しよう” の詳細は »

 

1万人分のメールアドレスを30万円で売られていたら迷わず買いますか?

何も知らない人の資金を食い潰すこともビジネスか?過去のメールマーケティングの悲しい現実を見る。

メールマーケティングについては、かつてアフィリエイトの分野では特殊なガラパゴスでした。
メールマガジンの購読者を増やして、情報商材の販売のために、1日に数通配信するという、ノウハウでもなんでもない、単なる運営方法が高額で取引されていたようです。

購読者の増加は、決してナチュラルなものではなく、懸賞で集めたリストを購入することがベーシックな方法で、そのために数十万の投資を惜しまないメルマガ管理者もいたのです。


“1万人分のメールアドレスを30万円で売られていたら迷わず買いますか?” の詳細は »

アルゴリズムの変動はSEOエキスパートのために在らずと考えよう

検索アルゴリズムの更新は誰のためかを考えると変化に一喜一憂するSEOエキスパートは廃業か?

Yahooの動向は最近特に面白いですよね。

皮肉ではなく、我々SEOエキスパートの探究心を十分に掻き立てるだけの現象をさらしてくれています。
逆に言うと、リカバリーの難易度が上がっているということですが、SEO塾自慢のモジュール論を内蔵しているテンプレートならば、少しは負担軽減になりますかね。


“アルゴリズムの変動はSEOエキスパートのために在らずと考えよう” の詳細は »

 

売れるものは黙っていても売れるけれども売れない商品は?

通販サイトで売れにくい商品をあえて売るための施策を継続的にやっていきましょう

通販サイトでは、ロングテールを狙った集客も可能ですが、前提としては適切なSEO設計は必要です。

商品ごとにキーワードも異なるでしょうから、膨大な作業量にはなります。
しかし、ただ商品数が多いから、ロングテールを期待することは、そもそも虫の良い考え方だと思いますよ。

“売れるものは黙っていても売れるけれども売れない商品は?” の詳細は »

管理サイトがリサーチや売上げに貢献しているか不明な場合は除外

業務と無関係なブログをビジネスサイトからリンクするメリットは何か教えてください。多分無いですよね。

同一業界での複数ブログの運営に、最近、疑問を投げかけている人がいるようです。
このエントリーでは、同一業界の複数ドメインによるウェブサイト論について、言及してみたいと思いますが、当然、好き勝手な放言ですので、気になさらないように。

つまり、複数ドメインの運用と1ドメインによる運用のメリットとデメリットを見直すきっかけになればいいかなと思います。
正解はありません。


“管理サイトがリサーチや売上げに貢献しているか不明な場合は除外” の詳細は »