管理サイトがリサーチや売上げに貢献しているか不明な場合は除外

業務と無関係なブログをビジネスサイトからリンクするメリットは何か教えてください。多分無いですよね。

同一業界での複数ブログの運営に、最近、疑問を投げかけている人がいるようです。
このエントリーでは、同一業界の複数ドメインによるウェブサイト論について、言及してみたいと思いますが、当然、好き勝手な放言ですので、気になさらないように。

つまり、複数ドメインの運用と1ドメインによる運用のメリットとデメリットを見直すきっかけになればいいかなと思います。
正解はありません。


“管理サイトがリサーチや売上げに貢献しているか不明な場合は除外” の詳細は »

売りたいけど売らない姿勢が欲しくさせるコツといえる

ビジネスで大事なことは売り売り感を出さないこと。お客さんに期待を抱かせるような広告が効果的なこともある。

モノを売りたい人と買いたい人がマッチングすることで初めて売買という取引が成立します。
ビジネスとはその仕組みを作ることでもあるのですが、言葉では簡単ですが、実際は非常に難しいのがビジネスですよね。

しかし、ビジネスを複雑化させているのは、本人である、ということもあります。


“売りたいけど売らない姿勢が欲しくさせるコツといえる” の詳細は »

なぜSEOが必要なのか?どういう効果が得られるか?に対しての準備

SEOの利点はわかるが効果予測が難しい。企業のウェブ担当者がSEO導入をスムーズに行うには・・。

なぜSEOは必要なのか、という単純な疑問に答えるには、まず、オーガニック検索の検索結果から、広告効果とトラフィックが期待できるからですよね。
検索連動型広告に出稿しても、検索キーワードを検索ユーザーが入力してくれない限りは、広告を表示出来ませんよね。

SEOもデメリットはありますよ。
例えば、本日、SEOに着手して、一ヵ月後は何がどう変わるのかを明確に伝えられないことでしょう。


“なぜSEOが必要なのか?どういう効果が得られるか?に対しての準備” の詳細は »

テキストがToo Muchなランデイングページは詰め込みシンドローム汚染

クドイと感じるよりもあっさりとして一点集中のコンテンツがランディンクページとしては有効ですね。

会話のくどい人の相手は、正直、疲れますよね。
話題豊富とは違って、同じことの繰り返しがキツイんです(汗)
という人の話を聞いてですね、ランディングページって、こういう観点から作り上げても良いのかなあとも思っているんですが。

どういう相手なら話を聞けるか? または、どの程度なら他人の話を聞いていられるか?
ランディングページに限らずの話にもなりますが、コンバージョンに影響するページは神経を使いたいですよね。


“テキストがToo Muchなランデイングページは詰め込みシンドローム汚染” の詳細は »

 

「検索上位表示で売上げ倍増」という文言についての受け止め方は?

お客さんに過度の期待を抱かせるの詐欺なのか。SEOサービスにおける顧客目線の訴求の仕方とは。

SEO業者がサービスを提供する時に、心がけるべきことは、いくつかあると思います。
良いサービスを目指す、と言った抽象的なのものではなく、実務レベルに落とし込む必要があると思うのですよ。

例えば、「検索上位表示で売上げ倍増」といった訴求については、可能性なのか現実的な話なのかを、説明する義務があると思うのですよね。
つまり誤解を与えてはいけないということです。


“「検索上位表示で売上げ倍増」という文言についての受け止め方は?” の詳細は »

SEOでメッセージを伝えられる喜びをクライアントに体感して欲しい

SEOはウェブサイトに掲載しているメッセージを伝える技術と言えるように思いを込めたいですよね。

SEOとは何ぞや、と聞かれて、言葉に詰まるようならば、SEOエキスパートとしての道のりは長いでしょうね。
正解はありませんから、実践や検証によって成果を出した経験と歩から、自分なりの答えを持っていれば、それでいいわけです。
その考え方に共感できるかどうかは、相手次第なわけですからね。

SEOとは何かというと、メッセージを伝える手段、かなあとも考えています。


“SEOでメッセージを伝えられる喜びをクライアントに体感して欲しい” の詳細は »

 

真面目すぎる企業風土は知的生産性が低いというウワサ

仕事に遊び心は厳禁という傾向の強い日本の企業ではGoogleの超個性的オフィスを見てけしからんと叫ぶのでしょうか?

GoogleのロゴのことをDoodle(ドゥードゥル)と言うって知ってましたか?

まあ、Googleという会社は、遊び心を忘れないというか、知的創造性が豊かな職場を目指しているんでしょうね。
それと比較して、日本の大企業は真面目すぎるのではないでしょうかね。

“真面目すぎる企業風土は知的生産性が低いというウワサ” の詳細は »

お金を理由にサービスを受けられない会社の救済措置は必要か?

お金の無いお客さんへのSEOサービスは是か非か?こんなことをエントリーするのはSEO塾だけかも。

「お金が無いけどSEOやってくれませんか?」
というお客さんがいたとしたら、SEOエキスパートのプライドがあるから、お断りするのか、それとも儲けてもらったら後でゴッソリと報酬を貰うか、その判断はどうしてますか?

現実問題として、こういう相談をしたい小さな会社ってあると思うんです。
小さな会社といっても、社長を含めて2.3人という極零細企業です。


“お金を理由にサービスを受けられない会社の救済措置は必要か?” の詳細は »

 

SEOに疎いSEOブラック企業をクライアントとするならばトップを攻めよ

SEOブラック企業のSEO担当者として配属されたら最後。誰の協力も得られず経営者の無知が障害に。

SEO担当者を採用出来る法人は、小さな会社からすると非常に羨ましいと思います。
が、初めてSEO担当者を採用するとなったら、話は別になってくるんですよね。

社内には、SEOに関わっていた人はいないと推測出来ますからね。
となると、いきなり社内では第一人者となれるわけですが、環境が整備されていないことも十分に予想できそうです。
聞きかじりSEOをぶちまけてくる上司がいた日には、最悪ですよ。


“SEOに疎いSEOブラック企業をクライアントとするならばトップを攻めよ” の詳細は »

トラフィックさえあれば何でも出来ると思ったら大間違いの場合もある

多くのブログ担当者が抱えるトラフィック不足の問題についてSEOエキスパートは総合的な施策を示す。

ブログを開設しているのだけれども、アクセスが少なくて困っている、という問題を抱えている担当者は多いと思います。
トラフィックの獲得は最大にして重要度の高い案件ですから、ほとんどの問題がトラフィックに関することではないでしょうか。

SEOエキスパートはそんなお悩みを解決する手段を、様々なカタチで持ち合わせているわけですが、既に公開しているブログと、開設間もないブログでは、ちょっと見方が違ってくるんですよね。


“トラフィックさえあれば何でも出来ると思ったら大間違いの場合もある” の詳細は »