無機質なIT化よりも人間味あるIT化を標榜する社会であって欲しい

IT化といっても人間が努力して作り上げたモノである以上は人間臭さの完全排除は逆にデメリットかも。

IT化の発達は素晴らしいものです。
家電製品が一人暮らしのお年寄りの行動を見張るということも出来る時代ですから、本当に技術開発というのはスゴイことなんですよね。

前述の家電製品は、少々割高のようですが、投資に見合うものなので利用者は増えているそうですよ。
アイデアひとつで独占市場を作り上げることが出来そうな時代に、どのようなビジネスプランを計画し実行するかが、やりがいに繋がるかもしれません。


“無機質なIT化よりも人間味あるIT化を標榜する社会であって欲しい” の詳細は »

外部リンク

専門的になりますが、少々難しいと思われても、これ以上優しく語れないので、一定レベルになってから、また読んでください。

ご自身の読解力や勉強不足を棚に上げて、「教えてくれない」と嘆くだけの人は、これからの時代は厳しいです。

“外部リンク” の詳細は »

アクセスが少ないと嘆く前に必要な処方箋を知ることで対策を打ちましょう

検索ランキングで上位に表示されているのにクリックスルレートが芳しくない場合の対処法とは。

キーワードは市場を表すと言っているのですが、検索結果の1ページ目に出現していることを、まずは素直に喜ぶべきです。
トップ5ともなると、歓喜してもいいぐらいなのですが、それだけではお客さんは満足しないのが現状です。

なぜならば、検索ランキングとクリックスルレートの関係が正比例しないということを知っているお客さんもいるからですよ。
このようにレベルの高いSEOリテラシーを持つクライアントは、自立の道を将来的には選ぶと良いですよね。


“アクセスが少ないと嘆く前に必要な処方箋を知ることで対策を打ちましょう” の詳細は »

ブログでは自分のテリトリーの中で勝負出来る専門家として情報提供

自分のテリトリーの中での専門家として商用ブログを顧客と協働して育て上げる意識が管理運営のコツ。

商用ブログの運営は、推奨するSEOエキスパートは多いのですが、その運営にあたっての適切なアドバイスが貰えないと嘆くクライアントが多いのではないでしょうか。
これはブログは簡単である、という楽観的な記事が多いこととは裏腹に心理的抵抗があるように思うのですよ。

つまり、日本人の多くは文章の作成を苦手としており、それに対する抵抗感が尋常ではないということが、心理的抵抗の最も大きなものではないかなと思います。


“ブログでは自分のテリトリーの中で勝負出来る専門家として情報提供” の詳細は »

 

Googleの「リアルタイム検索」に専用ページ出現と機能追加

Googleのリアルタイム検索ではどのような使い道が考えられるでしょうか

Googleの「リアルタイム検索」を体験しましたけど、ツイッターのつぶやきが、ズラッと出てきます。

2.3個のキーワードで検索しただけで、レビューするには材料が少なすぎると思うので、深い言及は避けますが、今、特に必要性は感じなかったですね。

“Googleの「リアルタイム検索」に専用ページ出現と機能追加” の詳細は »

違和感のあるブログの代表例としてカテゴリにある細工をしている

カテゴリへのキーワード挿入の是非について。分類ワードに改めてキーワードはウザイのでは?

ブログのカテゴリにキーワードを使うというノウハウ(なの?)が、よくSEO系ブログで語られていましたが、ウーン・・・ちょっと考えてしまいますよね。

カテゴリにトラフィックを集めたいのかどうか不明ですが、個別記事を全インデックスさせて、検索からトラフィックを稼ぐことが、ブログの特色を十分に機能させることになると思うのですが、いかがでしょう。


“違和感のあるブログの代表例としてカテゴリにある細工をしている” の詳細は »

 

電子書籍でコヴィーの「7つの習慣 成功には原則があった!」が全文無料

電子書籍のメリットは著作者への印税が紙媒体の6-8倍という高い設定によるペイラインの低下も

ベストセラー『7つの習慣 成功には原則があった!』(スティーブン・R・コヴィー著)の全てを、無料で読めるというキャンペーンが実施されているようです。
電子書籍の先進国である米国での取り組みですが、このキャンペーンの仕掛け人はAmazon.comです。


“電子書籍でコヴィーの「7つの習慣 成功には原則があった!」が全文無料” の詳細は »

事業規模によってSEOサービスの利用の仕方は変わって当然

SEO市場は緩やかに右肩上がりの予測が出ていますが予測は確定では無いことを忘れずに

マザーズ上場の某コンサルティング会社によれば、SEO市場は、インハウス、ツール、アウトソーシングの主に3つにカテゴライズされているようです。

市場規模としては、2010年度は190億円前後を予想しているようですが、年々市場は拡大傾向であるとのこと。

では、3つのカテゴリでののびしろはどれが大きいのでしょうか?


“事業規模によってSEOサービスの利用の仕方は変わって当然” の詳細は »

 

次世代マーケティングと謳われたRSSマーケティングはWeb2.0と同じ道を辿るのか

RSSやGoogleアラートを利用したマーケティングが普及しないのは利用者の絶対数の少なさともうひとつ

インターネットから情報を収集する際に利用しているツールは、主にRSSとGoogleのアラートです。
ウェブサイトを直接指定する方法と、キーワードによる指定の方法がありますが、意図した情報が得られるのであれば、ツールは特に意識することはありません。

ただ、これらをマーケティングに活用するのは、まだ日本のインターネットユーザーの操作リテラシーを考えると、少々厳しいかなと思います。


“次世代マーケティングと謳われたRSSマーケティングはWeb2.0と同じ道を辿るのか” の詳細は »

Googleの有料リンクに関する厳しい監視におけるSEOエキスパートの議論

無くならない有料リンクの是非論にはホンネとタテマエが見え隠れしている

あえてビッグキーワードで参戦するとした場合、有料リンクは必要か必要でないかの議論があると思います。
つまり、ナチュラルなリンクがベストだったとしても、リンク獲得のスピードと、その頻度をハイレベルでキープしなければ、参戦済みのウェブサイトを追い越すことは無理だという仮説があるからでしょう。

有料リンクなしで勝ち目はあるのでしょうか。


“Googleの有料リンクに関する厳しい監視におけるSEOエキスパートの議論” の詳細は »