ランディングページ最適化で見込み客から固定客へのステップに

冗長なテキスト文で埋め尽くされているランディングページは、見る価値に値するかどうか、という議論は少なからずありますよね。
縦に長いセールスページについての是非が、インターネット上で展開されているわけですが、ページの長い短いではなくて、何にフォーカスしているか、ということがポイントではないでしょうか。

よく、縦長セールスページを読ませる文言として、メールマガジンなどで「よく読むように」「ノウハウが隠されています」と伝えるわけですが、買う気にさせるためのテクニックですよね。

何度も繰り返し読んで下さい、とメールマガジンでリンクが貼られていたら、関心のある人は読みますよね。
ましてや発行者をファン的な目で見ていたら、なおさら、リンクをクリックするはずです。
これが固定客やファン客を作る目的です。

固定客を増やして繰り返し購入してもらうことが、ビジネスの基本です。
ひとり当たりの購入単価を上昇させる、購入率を上げることは、そく売上げと利益に反映されますからね。

逆に、固定客化させるまでは、膨大な労力が必要で、見込み客としての囲い込みから固定客への転換が難しいわけです。
SEOブログの運営でも同様で、リピーターを増やすことはユニークユーザー獲得よりも難しいはずです。
ビジネスの基本である固定客の獲得は、ネットビジネスだけでは無いんですよね。

縦長ページは、見込み客から固定客転換の手段と言えるのではないでしょうか。

«
»