単なるセールストークから高品質サービスまで判断不能な言い回しについて

ホームページのデザインや制作を請負う業者さんのセールストークとして、「SEOを意識したデザイン」という言葉があります。

ほんとうにそんな事が可能なのでしょうか?
それが実現したら、SEOエキスパートはいらない、という話になりませんかね?


デザインはページの構図を決めることですが、ウェブデザイナーさんが、SEOに詳しいという話をあまり聞いたことが無いんですよね。

ぶっちゃけた話をすると、お客受けが良い、という理由だけで「SEOを意識したデザイン」という言葉を盛り込んでいる、という話も聞いたことがあります。
単純に、文書構造をWEB標準に準拠させるとしても、デザインの段階では頭に入っていないのではないかと推測しています。

まあ、コーダーさんのウデにもよるのでしょうが、コーダーさんもSEOに詳しくなければ、SEOを意識したデザインをHTMLファイルに反映させることは不可能ですよね?

別にホーページ制作会社さんにケチを付けるわけではありませんが、SEOはテンプレートに予め装備は出来ません。
「SEOに強いテンプレート」という言葉も存在するのですが、科学的データを出して欲しいものです。

どれぐらい強いのか、客観的に示した人は皆無ですね。

明確なサービス内容のSEO会社
1ページ目の奪取物語やリアルタイムで実況すべきペナルティからの生還情報など
www.algorism.co.jp/

「SEOに強い人が監修したテンプレート」なら、話はまだわかるんですが、監修したからといって、利用者がそれを活かせるとは限らないものです。

«