ブログ

「SEOに強い」サイトとかテンプレートとか元を質せば人の知識とノウハウ

SEOの強さをウェブサイトのプラットフォームやテンプレートに依存するのは初心者だけにしようね

WordPressはSEOに向いているプラットフォームなのか、という疑問を持っている人がいるということですので、それについて語ってみたいと思います。
SEO塾テンプレートもWordpressに実装するタイプですから、放ってはおけないのです(笑)

かつて「ブログはSEOに強い」という表現を繰り返していたアフィリエイターらが、今では全く何も言わなくなりました。
SEOに強いかどうかは、プラットフォームで決まるのでしょうか?


“「SEOに強い」サイトとかテンプレートとか元を質せば人の知識とノウハウ” の詳細は »

ブログ投稿に必要な時間はかけるべきだけどムダな時間は排除しよう

人様にウンチクを垂れるなら既に相手より成功していなければならない。でないと虚言癖と思われるぞ。

SEO塾BLOG親衛隊は、Wordpressを利用して構築されています。
なかなか使い勝手もいいんですよ。
SEO塾のモジュール理論を埋め込んでいるだけではなくて、作業効率がよろしくないとテンプレートの意味が無いですからね。

特にタグの入力には好評を頂いています。
価格が高いという声もありますが、便利さと作業効率をお金で買える、という視点がなければ、価格そのもので判断するしかないですから、ご縁が無かったということになりますね。


“ブログ投稿に必要な時間はかけるべきだけどムダな時間は排除しよう” の詳細は »

管理サイトがリサーチや売上げに貢献しているか不明な場合は除外

業務と無関係なブログをビジネスサイトからリンクするメリットは何か教えてください。多分無いですよね。

同一業界での複数ブログの運営に、最近、疑問を投げかけている人がいるようです。
このエントリーでは、同一業界の複数ドメインによるウェブサイト論について、言及してみたいと思いますが、当然、好き勝手な放言ですので、気になさらないように。

つまり、複数ドメインの運用と1ドメインによる運用のメリットとデメリットを見直すきっかけになればいいかなと思います。
正解はありません。


“管理サイトがリサーチや売上げに貢献しているか不明な場合は除外” の詳細は »

トラフィックさえあれば何でも出来ると思ったら大間違いの場合もある

多くのブログ担当者が抱えるトラフィック不足の問題についてSEOエキスパートは総合的な施策を示す。

ブログを開設しているのだけれども、アクセスが少なくて困っている、という問題を抱えている担当者は多いと思います。
トラフィックの獲得は最大にして重要度の高い案件ですから、ほとんどの問題がトラフィックに関することではないでしょうか。

SEOエキスパートはそんなお悩みを解決する手段を、様々なカタチで持ち合わせているわけですが、既に公開しているブログと、開設間もないブログでは、ちょっと見方が違ってくるんですよね。


“トラフィックさえあれば何でも出来ると思ったら大間違いの場合もある” の詳細は »

 

外部リンク

専門的になりますが、少々難しいと思われても、これ以上優しく語れないので、一定レベルになってから、また読んでください。

ご自身の読解力や勉強不足を棚に上げて、「教えてくれない」と嘆くだけの人は、これからの時代は厳しいです。

“外部リンク” の詳細は »

ブログでは自分のテリトリーの中で勝負出来る専門家として情報提供

自分のテリトリーの中での専門家として商用ブログを顧客と協働して育て上げる意識が管理運営のコツ。

商用ブログの運営は、推奨するSEOエキスパートは多いのですが、その運営にあたっての適切なアドバイスが貰えないと嘆くクライアントが多いのではないでしょうか。
これはブログは簡単である、という楽観的な記事が多いこととは裏腹に心理的抵抗があるように思うのですよ。

つまり、日本人の多くは文章の作成を苦手としており、それに対する抵抗感が尋常ではないということが、心理的抵抗の最も大きなものではないかなと思います。


“ブログでは自分のテリトリーの中で勝負出来る専門家として情報提供” の詳細は »

 

違和感のあるブログの代表例としてカテゴリにある細工をしている

カテゴリへのキーワード挿入の是非について。分類ワードに改めてキーワードはウザイのでは?

ブログのカテゴリにキーワードを使うというノウハウ(なの?)が、よくSEO系ブログで語られていましたが、ウーン・・・ちょっと考えてしまいますよね。

カテゴリにトラフィックを集めたいのかどうか不明ですが、個別記事を全インデックスさせて、検索からトラフィックを稼ぐことが、ブログの特色を十分に機能させることになると思うのですが、いかがでしょう。


“違和感のあるブログの代表例としてカテゴリにある細工をしている” の詳細は »

ビジネスブログ運用を体系的にアドバイス出来るSEOエキスパートとは

ビジネスブログの体制面もアドバイス出来るSEOエキスパートが今後のコンサルティングのカギとなる。

ブログの投稿については、ビジネスブログの場合、禁忌事項を制定しておくべではないかと思います。
他社批判や政治経済についての適当すぎる意見・反論などは、影響力が大きすぎますし、何よりも読者がつまんない、という点でマイナスでしょうね。

もちろん、自己主張を筋道立てて論ずるならば、テーマは何でも構わないのですが、エスカレートして評論家気取りになると、墓穴を掘るどころか、炎上という最悪なケースの可能性は否定できません。


“ビジネスブログ運用を体系的にアドバイス出来るSEOエキスパートとは” の詳細は »

 

ブログのコンテンツ不足を仕方なく補うための品質度外視の「セコ技」

決してマネして欲しくないブログのネタ増殖法。説明しても理解出来る人や実践できる人は少ないですよ。

セコイ話をしましょうか。
ブログのコンテンツを、ほぼ無限に考える暇も無く増やし続ける方法です。

ネタが無いと嘆いているブロガーには、トライしてもよろしいとは思いますが、何にせよ「セコイ」ので、ご利用は自己責任ということで、よろしくお願いしますね。


“ブログのコンテンツ不足を仕方なく補うための品質度外視の「セコ技」” の詳細は »

ブログの更新頻度が質の向上に寄与すれば回数は問わない?

ウェブサイトの更新は情報を出すための作業。更新のための更新は検索エンジンは何にも評価しない?

検索エンジンは更新頻度について、検索ランキング決定要因の要素になっていると思いますか?
YahooとGoogleの立場からすると、常にフレッシュな情報を提供しているウェブサイトは、ユーザーにとって役立つと考えているでしょうから、更新のための更新以外なら、ある程度の評価を下してくれるのではないでしょうかね。

ファイルのタイムスタンプのみを更新する、というクローキングっぽい手法もあるようですが、その対策は検索エンジニアは然るべきときにやるでしょうね。


“ブログの更新頻度が質の向上に寄与すれば回数は問わない?” の詳細は »