iPadより欲しいものがあるとしたらSEOエキスパートの皆さんは何を望む?

iPadが全然でないかも知れませんが、盛り上がっていないですね。
日経新聞でも、購入意欲がある人の数字は低かったように、一般的な層に対する商品ではないことが、これではっきりとしてきたのではないですかね。

パソコン講師の中には、時代が変わると言っている人もいるようですが、そこまで変化は無いんじゃないかなと思いますよ。
だからパソコン講師の皆さんは、安心して業務が続けられるでしょう。

新しい商品やイノベーションを感じさせるモノが登場すると、「時代が変わる、業界が変わる」と言い回っている人がいますが、それはコメンテーターの仕事のひとつでしょう。
時代や業界というのは、いつの日か、変わるもんなんですよね。

と言っては、身もフタも無いわけですが、iPadについては、アーリーアダプター以外は様子を見ているような気もしないでもないです。
私個人としては、ある理由から、iPadは購入はしないのですが、Windowsベースのタプレットパソコンの出現を待ちたいですね。

iPad用のアプリケーション開発に商機を見出している企業もいるでしょうから、関係者は盛り上がりに欠けている現状にそわそわしているのかもしれませんね。
ひょっとして、ローカルだけですかね、盛り上がっていないのは(汗)

SEOブログでニーズを探る方法
www.seoragnarok.com/blog/
ロングテールの概念を応用してニッチなニーズを汲み取る方法がマーケティングのスタンダードに