最適化

コンテンツ文章のキーワード分散のSEO重要度はどれぐらいなのか

SEO塾マニュアルを読むとリカバリーの合理性がわかる。アルゴリズム変動を検知して対応する方法論。

キーワードの分散というノウハウを解説しているSEO記事があります。
分散とは、キーワードボリュームや近接度などに注意しながら、全体の文章の上中下に適度に割り振る、というものです。
面倒ですね(汗)

全てのページに、このように神経を使う必要があるのでしょうか。
このノウハウは、将来に渡っても有効であるという証明が出来るのでしょうか。


“コンテンツ文章のキーワード分散のSEO重要度はどれぐらいなのか” の詳細は »

ウェブサイトオーナーがやってはいけないリンク依頼の些細なミステイク

リンクの依頼先のデータベースを作成して進捗管理することはもはや当たり前。リンク管理能力とは。

リンクの管理は適正にやっていますか?
SEOエキスパートと言えど、技術やカキルの向上だけでなく、管理能力やマネジメント能力も鍛え上げていく必要は、当然のごとくあるわけです。

リンクひとつ管理出来ない、というSEOエキスパートは居ないのですが、新人ウェブサイト運営者に贈るエントリーとして、お読み頂ければ幸いです。


“ウェブサイトオーナーがやってはいけないリンク依頼の些細なミステイク” の詳細は »

ランディングページ最適化で見込み客から固定客へのステップに

ランディングページの最適化は見込み客を固定客へと転換させる機能もあるかもしれないことについて。

冗長なテキスト文で埋め尽くされているランディングページは、見る価値に値するかどうか、という議論は少なからずありますよね。
縦に長いセールスページについての是非が、インターネット上で展開されているわけですが、ページの長い短いではなくて、何にフォーカスしているか、ということがポイントではないでしょうか。

よく、縦長セールスページを読ませる文言として、メールマガジンなどで「よく読むように」「ノウハウが隠されています」と伝えるわけですが、買う気にさせるためのテクニックですよね。


“ランディングページ最適化で見込み客から固定客へのステップに” の詳細は »

テキストがToo Muchなランデイングページは詰め込みシンドローム汚染

クドイと感じるよりもあっさりとして一点集中のコンテンツがランディンクページとしては有効ですね。

会話のくどい人の相手は、正直、疲れますよね。
話題豊富とは違って、同じことの繰り返しがキツイんです(汗)
という人の話を聞いてですね、ランディングページって、こういう観点から作り上げても良いのかなあとも思っているんですが。

どういう相手なら話を聞けるか? または、どの程度なら他人の話を聞いていられるか?
ランディングページに限らずの話にもなりますが、コンバージョンに影響するページは神経を使いたいですよね。


“テキストがToo Muchなランデイングページは詰め込みシンドローム汚染” の詳細は »

 

アクセスが少ないと嘆く前に必要な処方箋を知ることで対策を打ちましょう

検索ランキングで上位に表示されているのにクリックスルレートが芳しくない場合の対処法とは。

キーワードは市場を表すと言っているのですが、検索結果の1ページ目に出現していることを、まずは素直に喜ぶべきです。
トップ5ともなると、歓喜してもいいぐらいなのですが、それだけではお客さんは満足しないのが現状です。

なぜならば、検索ランキングとクリックスルレートの関係が正比例しないということを知っているお客さんもいるからですよ。
このようにレベルの高いSEOリテラシーを持つクライアントは、自立の道を将来的には選ぶと良いですよね。


“アクセスが少ないと嘆く前に必要な処方箋を知ることで対策を打ちましょう” の詳細は »

Googleの有料リンクに関する厳しい監視におけるSEOエキスパートの議論

無くならない有料リンクの是非論にはホンネとタテマエが見え隠れしている

あえてビッグキーワードで参戦するとした場合、有料リンクは必要か必要でないかの議論があると思います。
つまり、ナチュラルなリンクがベストだったとしても、リンク獲得のスピードと、その頻度をハイレベルでキープしなければ、参戦済みのウェブサイトを追い越すことは無理だという仮説があるからでしょう。

有料リンクなしで勝ち目はあるのでしょうか。


“Googleの有料リンクに関する厳しい監視におけるSEOエキスパートの議論” の詳細は »

 

Googleのような単機能だけの1枚もののページのSEOをこれから検証

ペラページと呼ばれる単機能に絞った1枚構成のウェブサイトのSEOについてご意見が欲しいですね。

このエントリーは、まだ仮説の段階であり、実証が得られていませんので、「お話」としてお読み頂ければと思います。
単一ページのみのウェブサイトにおけるSEOです。

巷で言う、「ペラページ」のことですね。
ウェブサイトは、ペラページの集合体であるとも言えますが、あくまでも大きな1つのテーマがあっての集合体ですから、ウェブサイトとしてまとまるわけですが、1枚もののウェブサイトは、それのみが構成要素なので、果たして。


“Googleのような単機能だけの1枚もののページのSEOをこれから検証” の詳細は »

SEO効果の高いディレクトリサイトってどういうSEO効果を出してますか

Yomi-Searchは素晴らしいリンク構築ツールだけれども運営者によってはサイトの質にバラツキがある。

SEO効果の高いディレクトリサイトへの登録を、手間隙惜しんで作業して満足してしまうウェブサイトオーナーの方へ。
効果測定はしていますか?
恐らく、していないケースがほとんどだと思います。

なぜならば、ディレクトリサイトへの登録がSEOに効果があると信じきっているからですよね。
だから、登録さえすれば、SEOの効果を得たも同然として、そのまま終わってしまうわけです。


“SEO効果の高いディレクトリサイトってどういうSEO効果を出してますか” の詳細は »

 

ソーシャルメディアの間違った利用法は結果的に時間を無駄にする

ソーシャルメディアに殺到したアフィリエイターの目的とは。原理原則を見誤ると自分のクビを締める。

ソーシャルメディア最適化をSMOと表記するわけですが、この概念について言及してみたいと思います。

SMOとは、Webサイトのアクセス向上策の一つで、ブログや掲示板(BBS)、SNSといったユーザが情報を発信するCGM系のサイト(ソーシャルメディア)での認知度や評判を高め、サイトへのアクセスや評価を向上させること

「IT用語辞典」からの引用では、上記のようになっています。


“ソーシャルメディアの間違った利用法は結果的に時間を無駄にする” の詳細は »

オーガニック検索からのトラフィック不足に悩むならキーワード最適化を

キーワード最適化が成されていないウェブサイトはオーガニック検索において致命的な欠陥となる。

あまり「最適化」を連発するのは好きではありませんが、キーワードの最適化という概念があってもいいと思うわけです。
おさらいとして、様々な最適化を並べてみましょうか。

検索エンジン最適化、ランディングページ最適化、エントリーフォーム最適化、URL最適化、ソーシャルメディア最適化・・・。
多分、まだあると思いますけど、結局、ウェブサイトは最適化を積み重ねることが成果に繋がるのだなと思いませんか?


“オーガニック検索からのトラフィック不足に悩むならキーワード最適化を” の詳細は »