アクセスが少ないと嘆く前に必要な処方箋を知ることで対策を打ちましょう

キーワードは市場を表すと言っているのですが、検索結果の1ページ目に出現していることを、まずは素直に喜ぶべきです。
トップ5ともなると、歓喜してもいいぐらいなのですが、それだけではお客さんは満足しないのが現状です。

なぜならば、検索ランキングとクリックスルレートの関係が正比例しないということを知っているお客さんもいるからですよ。
このようにレベルの高いSEOリテラシーを持つクライアントは、自立の道を将来的には選ぶと良いですよね。

では、既に検索結果の1ページ目に表示されているにも関わらず、アクセスが増えていないというケースで考えられるのは、
・キーワードが小さい(市場が小さすぎ)
・キーワードリサーチ不足
・タイトルやディスクリプションの未熟なライティング
・ブランディングの差
なとが考えられます。

どれがダメなのか、ではなく可能な限り全てをチェックするべきです。

手順としては、まず、SERPで所有サイトと他のページでは、どちらの方がタイトルを含めたスニペットが魅力的な文章となっているかを見てみます。
修正ポイントが最も高いところですよね。

または、スニペット上で、ページの内容を全て明らかにしているライティングであるならば、これを改めます。
ページを見なくてもいい説明文は不要です。

バックリンク不足解消
慢性的なバックリンク解消のために高品質なサービスを提供中。質を求めるユーザーに評判。
www.algorism.co.jp/link/

«
»