ブログでは自分のテリトリーの中で勝負出来る専門家として情報提供

商用ブログの運営は、推奨するSEOエキスパートは多いのですが、その運営にあたっての適切なアドバイスが貰えないと嘆くクライアントが多いのではないでしょうか。
これはブログは簡単である、という楽観的な記事が多いこととは裏腹に心理的抵抗があるように思うのですよ。

つまり、日本人の多くは文章の作成を苦手としており、それに対する抵抗感が尋常ではないということが、心理的抵抗の最も大きなものではないかなと思います。

ブログの投稿については、商用ブログと言えば、専門家が運営しなければならないという先入観を持ち過ぎることで、行動が抑制されるケースがあります。
専門家でなくてもいいんですよ。

もちろん最低限、自社商品のことは詳しくあるべきですが、周辺情報についてはですね、顧客の方が詳しいということもあるんですよね。
これをまたブログのネタに転換できるので、どんどんブログの情報が濃くなっていくという好循環か期待できます。

商用ブログは、顧客と協働して育てる、という意識を持てば、必ずしも投稿者を専門家としての立場で管理運営するようなマネジメントは必要無いと思います。

専門家として認められることが商用ブログの目的ではないですからね。
自分のテリトリーの中での専門家であれば十分です。

専門家のハイレベルSEOブログ
専門家として恥じないレベルのSEOブログ執筆中。残っているのが本物の証。
www.seoragnarok.com/blog/
SEOブログ