link

トラフィックさえあれば何でも出来ると思ったら大間違いの場合もある

多くのブログ担当者が抱えるトラフィック不足の問題についてSEOエキスパートは総合的な施策を示す。

ブログを開設しているのだけれども、アクセスが少なくて困っている、という問題を抱えている担当者は多いと思います。
トラフィックの獲得は最大にして重要度の高い案件ですから、ほとんどの問題がトラフィックに関することではないでしょうか。

SEOエキスパートはそんなお悩みを解決する手段を、様々なカタチで持ち合わせているわけですが、既に公開しているブログと、開設間もないブログでは、ちょっと見方が違ってくるんですよね。


“トラフィックさえあれば何でも出来ると思ったら大間違いの場合もある” の詳細は »

外部リンク

専門的になりますが、少々難しいと思われても、これ以上優しく語れないので、一定レベルになってから、また読んでください。

ご自身の読解力や勉強不足を棚に上げて、「教えてくれない」と嘆くだけの人は、これからの時代は厳しいです。

“外部リンク” の詳細は »

アクセスが少ないと嘆く前に必要な処方箋を知ることで対策を打ちましょう

検索ランキングで上位に表示されているのにクリックスルレートが芳しくない場合の対処法とは。

キーワードは市場を表すと言っているのですが、検索結果の1ページ目に出現していることを、まずは素直に喜ぶべきです。
トップ5ともなると、歓喜してもいいぐらいなのですが、それだけではお客さんは満足しないのが現状です。

なぜならば、検索ランキングとクリックスルレートの関係が正比例しないということを知っているお客さんもいるからですよ。
このようにレベルの高いSEOリテラシーを持つクライアントは、自立の道を将来的には選ぶと良いですよね。


“アクセスが少ないと嘆く前に必要な処方箋を知ることで対策を打ちましょう” の詳細は »

事業規模によってSEOサービスの利用の仕方は変わって当然

SEO市場は緩やかに右肩上がりの予測が出ていますが予測は確定では無いことを忘れずに

マザーズ上場の某コンサルティング会社によれば、SEO市場は、インハウス、ツール、アウトソーシングの主に3つにカテゴライズされているようです。

市場規模としては、2010年度は190億円前後を予想しているようですが、年々市場は拡大傾向であるとのこと。

では、3つのカテゴリでののびしろはどれが大きいのでしょうか?


“事業規模によってSEOサービスの利用の仕方は変わって当然” の詳細は »

 

Googleの有料リンクに関する厳しい監視におけるSEOエキスパートの議論

無くならない有料リンクの是非論にはホンネとタテマエが見え隠れしている

あえてビッグキーワードで参戦するとした場合、有料リンクは必要か必要でないかの議論があると思います。
つまり、ナチュラルなリンクがベストだったとしても、リンク獲得のスピードと、その頻度をハイレベルでキープしなければ、参戦済みのウェブサイトを追い越すことは無理だという仮説があるからでしょう。

有料リンクなしで勝ち目はあるのでしょうか。


“Googleの有料リンクに関する厳しい監視におけるSEOエキスパートの議論” の詳細は »

新装開店のSEOblogはWordPress3へとバージョンアップ

新装開店のSEO塾Wordpress用テンプレート2.0が公開。このブログは見た目は変えていませんが確実に満足頂けます。

自慢のWordpressテンプレート2.0が完成しています。
テンプレート1.0をお持ちの方は、Wordpress3用のテンプレート2.0をお買い求めくださいませ。

機能性やデザイン性が比較にならないほどフレキシブルになっています。
詳細は、サイドバーにリンクしてあるSEOテンプレートサイトで。
このブログも乗せ換えましたが、見た目は変えていませんので悪しからず(汗)


“新装開店のSEOblogはWordPress3へとバージョンアップ” の詳細は »

 

人と人との繋がりはオンラインに集中するとタイムラグ嫌悪症になる

オンラインでのコミュニケーションに依存することのリスクとは。地球は自分のために回っている?

ウェブサイトはリンク(繋がり)が大切ですが、対人関係が弱い人は、人と人とのリンクのきっかけを掴めないでいるのではないでしょうか。

コミュニケーションって、シンドイなあと思ったらシンドイものですし、楽しいなあと思ったら楽しいという側面がありますね。
人との繋がりをわずらわしく思う人は、SNSや掲示板、ツイッターなどには見向きもしない、というわけでもないところがまた不思議です。


“人と人との繋がりはオンラインに集中するとタイムラグ嫌悪症になる” の詳細は »

HTML5という規格がSEOの新しいマーケットやサービスを生み出すか?

HTML5の本格的な対応が始まると動画検索SEOが新たなジャンルとして確立される可能性はあるのか

Yahooの記事で見かけたんですが、「HTML5」という規格への対応が来年あたりから本格化するというものです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100528-00000002-rnijugo-sci

詳しくは「HTML5」などで検索して、ここでの説明より素晴らしいコンテンツをご覧頂くほうがよろしいとは思います。


“HTML5という規格がSEOの新しいマーケットやサービスを生み出すか?” の詳細は »

 

検索ボックスのキーワード候補で「SEO 評判」って出てきました

SEO塾はお陰さまで堅調です。次なるステップに向けて鋭意準備中ですが「才能の話」が頭から・・・。

Googleの検索ボックスのキーワード候補に、「SEO 評判」ということが出ていましたので検索してみましたが、幸いなことに悪い評判は見られませんでした。
が、そんなことは無いと思っています。

SEO業界は、とにかく、吊し上げがスゴイですからね。
ツイッターでも平気で、他社のSEOについて取り上げていましたから、SEOも成敗されるのかもしれません・・・。


“検索ボックスのキーワード候補で「SEO 評判」って出てきました” の詳細は »

SEO効果の高いディレクトリサイトってどういうSEO効果を出してますか

Yomi-Searchは素晴らしいリンク構築ツールだけれども運営者によってはサイトの質にバラツキがある。

SEO効果の高いディレクトリサイトへの登録を、手間隙惜しんで作業して満足してしまうウェブサイトオーナーの方へ。
効果測定はしていますか?
恐らく、していないケースがほとんどだと思います。

なぜならば、ディレクトリサイトへの登録がSEOに効果があると信じきっているからですよね。
だから、登録さえすれば、SEOの効果を得たも同然として、そのまま終わってしまうわけです。


“SEO効果の高いディレクトリサイトってどういうSEO効果を出してますか” の詳細は »