SEOでメッセージを伝えられる喜びをクライアントに体感して欲しい

SEOとは何ぞや、と聞かれて、言葉に詰まるようならば、SEOエキスパートとしての道のりは長いでしょうね。
正解はありませんから、実践や検証によって成果を出した経験と歩から、自分なりの答えを持っていれば、それでいいわけです。
その考え方に共感できるかどうかは、相手次第なわけですからね。

SEOとは何かというと、メッセージを伝える手段、かなあとも考えています。

カッコイイこと言ってますが、正直にそう思いますよ。

あるキーワードで上位表示させたいという動機には、ウェブサイトの露出とコンテンツを見て欲しいという欲求があるはずなんですよ。
書いてあることを見て欲しい、こんなサービスがあるから利用して欲しい、といった欲求です。

ウェブサイトには、何らかの伝えたいモノがマークアップされていますよね。
それにウェブサイトを世界に向けて公開しているわけですから、人目につかなければ欲求が満たされないわけです。

何か言いたい事を伝えるために、検索エンジンのインデクスを望んでいるとも言えるでしょう。
具体的には、広告メッセージを伝えるSEOブログが相当する、と言えないですかね。
このメッセージが、必要としている人に届きますように、との思いを込めて施策するわけです。

メッセージを欲しがっている人に伝えられたという喜びは、普段の生活でもありますでしょう。
そういう人間臭い面も垣間見れるのがSEOですよね。

作為的なSEOはユーザーも検索エンジンも嫌うところです。
それを解説しているのが、SEO塾ブログでしょう。

«
»