seminar

誰も参入しないブルーオーシャン市場に飛び込んだら先行利益獲得?

ブルーオーシャン市場に参入して先行利益を得るというのは幻想なのか現実的な話なのか。

SEO塾セミナーは、SEOを知りたい学びたいという方にとっても、有意義な内容であると自負しております。
SEOはとりわけ独学率が高いのではないかと、勝手に判断しているところはあります。

目に見えない検索アルゴリズムを解明しようとするわけですから、「よお、SEOやらないか?」って簡単に声をかけるようなことは出来ないと思うんですよね(笑)
もし、実際に声掛けしたら、引かれてしまうかもしれません(汗)


“誰も参入しないブルーオーシャン市場に飛び込んだら先行利益獲得?” の詳細は »

ネットマーケッターが考えることは予算と企業情報からチャネルを選ぶこと

数多いオンラインマーケティングチャネルの中から予算と目標の組み合わせで最適な方法が出てくる。

ネットマーケテイングについての、ブログのエントリー上でセミナーを開催します。
このエントリーは、セミナーを受けているという目線で、読んでいただければありがたいですね。
こうしてちょっとでも雰囲気を変えると、気分も変わりませんか?

さて、手段はインターネットマーケティングの戦略的思考についてです。
戦略的思考って、小難しい言い方ですが、目標達成のために要するに手法や情報の取捨選択ですね。


“ネットマーケッターが考えることは予算と企業情報からチャネルを選ぶこと” の詳細は »

無機質なIT化よりも人間味あるIT化を標榜する社会であって欲しい

IT化といっても人間が努力して作り上げたモノである以上は人間臭さの完全排除は逆にデメリットかも。

IT化の発達は素晴らしいものです。
家電製品が一人暮らしのお年寄りの行動を見張るということも出来る時代ですから、本当に技術開発というのはスゴイことなんですよね。

前述の家電製品は、少々割高のようですが、投資に見合うものなので利用者は増えているそうですよ。
アイデアひとつで独占市場を作り上げることが出来そうな時代に、どのようなビジネスプランを計画し実行するかが、やりがいに繋がるかもしれません。


“無機質なIT化よりも人間味あるIT化を標榜する社会であって欲しい” の詳細は »

電子書籍でコヴィーの「7つの習慣 成功には原則があった!」が全文無料

電子書籍のメリットは著作者への印税が紙媒体の6-8倍という高い設定によるペイラインの低下も

ベストセラー『7つの習慣 成功には原則があった!』(スティーブン・R・コヴィー著)の全てを、無料で読めるというキャンペーンが実施されているようです。
電子書籍の先進国である米国での取り組みですが、このキャンペーンの仕掛け人はAmazon.comです。


“電子書籍でコヴィーの「7つの習慣 成功には原則があった!」が全文無料” の詳細は »

 

アドセンスに関して不透明な部分が一部公表に至った経緯は外部圧力?

Google Adsenseにおける収益分配率を突然公表した裏には不透明性を指摘する外部からの圧力があった?

GoogleがGoogle Adsenseの収益についての不透明性を指摘されたのか、突然、分配率を公表しました。
実は、以前より個人的に疑問を持っていたのですが、特にSEO塾では「アドセンス」は関わりが無いので、なるほどね、という感想です。

実際、アドセンスを掲載するウェブサイトを運営する人にとっては、この発表をどう受け止めているのか、少し関心がありますね。
もしかすると、特別な意見も無いのかもしれませんが。


“アドセンスに関して不透明な部分が一部公表に至った経緯は外部圧力?” の詳細は »

オンラインの話題は日常会話にリンク出来るほど浸透仕切っていない事も

都市部とローカルのネットインフラの差は無くなるでしょうがリテラシーに関してはどうだろうか?

まだまだ、インターネットと日常の話題の乖離の差が激しいと実感したことがあります。
周辺情報デ恐縮ですが、恐ろしいほど「ツイッター」を知っている人が少なかったのです。
老若男女問わずですが、少しだけショックだったと共に、井の中の蛙になりかけるところでした。

事業者は井の中の蛙になってはいけない、と思っているので、やはりインターネットの世界と日常の世界を簡単にリンクさせてはいけないのだなあと思いましたね。


“オンラインの話題は日常会話にリンク出来るほど浸透仕切っていない事も” の詳細は »

 

人間の能力は開発されるものなのか生誕と共に備わっているものなのか

SEOエキスパートにひつような能力を突き詰めて考えていくと答えは簡単だった。他の職業でも同様では?

我々はSEOエキスパートだ、と自ら言い放っていますが、その客観的な資格を有することを証明するものが無いので、技量や経験および実績で訴えて、「あいつはエキスパートである」と認めてもらうことしかないんですよね。

特にローカルで気張っているSEOエキスパートは、都を食ってやろうという気概は持っていますが、無益な戦いは挑まないというスタンスです。
基本的には、SEOが好きですから、敵対関係は作りたくないわけです。


“人間の能力は開発されるものなのか生誕と共に備わっているものなのか” の詳細は »