リンクビルディングという難儀な作業をスムーズに行うための相手選び

リンクの相手が見つからないと嘆いているウェブ担当者は、アプローチのプロセスが「思いつき」になってはいませんか?
もっともリンクの機会は思っている以上にあると思いますよ。

リンクの依頼に萎縮していることもあるでしょう。
確かにネットビジネスに頼らない会社でさえも、ホームページは所有していたりする時代ですから、リンク獲得はキツイ仕事ですよね。

逆に言いますと、このような放置系企業ホームページは、リンク獲得のアプローチをしやすいはずなのです。
もちろん自社の事業に関連しながらも、地域的に競合しない相手ならば、積極的にリンク獲得に動くべきではないでしょうかね。

BtoBのリンク獲得が苦手ならば、リンク集への登録も検討するに値します。
リンク集というよりは、ポータルサイトですね。
広告も同時に考慮して、くまなく検索して探してみましょう。

リンク集への登録に関しては、自動登録ツールの利用は止めたほうがいいです。
面倒でも、リンク集のクロール状況や新着サイトのペース、インデクス状況等に至るまで、リンク集の質をチェックすることをおすすめします。

このチェックの方法は、検索すれば出てきますし、独自で習得も可能です。
リンク構造の掌握が一番の目的で、また、登録のポリシーなどは、意外に参考になります。
審査が必要だったり有料登録を併設していれば、それだけで信頼度の高いリンク集である可能性があります。

SEO被リンク バックリンク・システム

(1)アンカーテキストの集中分散 (2)独自のリンク元価値評価 (3)順位がアップダウンするリンクパターン(外部でも内部でも)解明。有料リンク疑惑や不自然なリンク判定を回避して、大量シンク神話もリンク否定風評も寄せつけない実績。

«
»