テキストがToo Muchなランデイングページは詰め込みシンドローム汚染

会話のくどい人の相手は、正直、疲れますよね。
話題豊富とは違って、同じことの繰り返しがキツイんです(汗)
という人の話を聞いてですね、ランディングページって、こういう観点から作り上げても良いのかなあとも思っているんですが。

どういう相手なら話を聞けるか? または、どの程度なら他人の話を聞いていられるか?
ランディングページに限らずの話にもなりますが、コンバージョンに影響するページは神経を使いたいですよね。

さて、ランディングページ最適化サービスの提供が増加傾向のようですね。
多くのランディングページ、まあ、ここではリスト取りやお問い合わせページ等、訪問者が個人情報の一部を入力または何らかのアクションを起こすページを前提としていますが、余計なテキストが多すぎるという指摘を受けるみたいですね。

ついつい、コンテンツが大切だと聞かされていたらですよ、テキストを詰め込む人が多いのではないですかね?
気持ちはわかりますが、一点集中がベストなのでしょう。

SEO塾では、ランディングページ最適化については、特別に枠を設けてオンラインでの情報発信等はしていませんが、ビジネスサイトのSEOを標榜していますから、必然的にランディングページへの言及は避けられません。

«
»