検索ランキングの不調に喘ぐならタイトルとディスクリプションを確認

たまにはストレートにSEOのノウハウでもおさらいしてみますか。
今更、タイトルやmetaタグについて、とやかく言うことは無いとは思っていましたが、周知徹底は大切ですから、口を酸っぱくして言いたいと思いますね。

SEOを知らなくても、タイトルだけは、ちょっとだけでもいいので、インターネットから情報を集めて、最適化してみましょう。

タイトルの記述は検索結果のクリック率にも影響するので、社名のみと言った明らかな手抜きの状態は避けるべきです。
さらには各ページに同じフレーズを使いまわすことは、全くナンセンスです。
こんな状況でアクセスが無いんです、という相談は、不勉強ということだけでは済まされません。

metaタグについては、keywordsはこの際、特に言及することはありません。
せいぜい、2.3個に抑えておきましょう、とだけ言っておきます。
少ないと思えば足せば良いですが、検索エンジンがどれほど重要視しているのか、ということは考えてくださいね。

全ての答えをこのエントリーで出すことはしません。
検索技術の向上なくして良質の情報は取れませんからね。

metaタグでは、ディスクリプションには神経ほ使いましょう。
検索結果によるタイトルのクリックを促す、重要な概要文でありフォロー文にもなるので、各ページで最適化することをおすすめします。
つまり、タイトルとディスクリプションは、全ページ異なって然るべきです。

«
»