検索サービス

SEOカウンセリングではトラフィックと成約の問題を区別させることが重要

トラフィックの獲得と成約は別問題であることを認識していないのがクライアントであるという前提で。

SEOのコンサルティングでは、時折、クライアントとの意志の疎通が難しく感じる時があるのではないでしょうか。
特に、クライアントがSEOを手っ取り早くやれるものであるという先入観があると、それだけで障害が発生する可能性も否定できないですよね。

つまり誤解を解くことから始めるのが、現状のSEOコンサルティングのスタートではないでしょうか。
違いませんか、SEOエキスパートの皆さん。


“SEOカウンセリングではトラフィックと成約の問題を区別させることが重要” の詳細は »

アルゴリズムの変動はSEOエキスパートのために在らずと考えよう

検索アルゴリズムの更新は誰のためかを考えると変化に一喜一憂するSEOエキスパートは廃業か?

Yahooの動向は最近特に面白いですよね。

皮肉ではなく、我々SEOエキスパートの探究心を十分に掻き立てるだけの現象をさらしてくれています。
逆に言うと、リカバリーの難易度が上がっているということですが、SEO塾自慢のモジュール論を内蔵しているテンプレートならば、少しは負担軽減になりますかね。


“アルゴリズムの変動はSEOエキスパートのために在らずと考えよう” の詳細は »

お金を理由にサービスを受けられない会社の救済措置は必要か?

お金の無いお客さんへのSEOサービスは是か非か?こんなことをエントリーするのはSEO塾だけかも。

「お金が無いけどSEOやってくれませんか?」
というお客さんがいたとしたら、SEOエキスパートのプライドがあるから、お断りするのか、それとも儲けてもらったら後でゴッソリと報酬を貰うか、その判断はどうしてますか?

現実問題として、こういう相談をしたい小さな会社ってあると思うんです。
小さな会社といっても、社長を含めて2.3人という極零細企業です。


“お金を理由にサービスを受けられない会社の救済措置は必要か?” の詳細は »

Googleの「リアルタイム検索」に専用ページ出現と機能追加

Googleのリアルタイム検索ではどのような使い道が考えられるでしょうか

Googleの「リアルタイム検索」を体験しましたけど、ツイッターのつぶやきが、ズラッと出てきます。

2.3個のキーワードで検索しただけで、レビューするには材料が少なすぎると思うので、深い言及は避けますが、今、特に必要性は感じなかったですね。

“Googleの「リアルタイム検索」に専用ページ出現と機能追加” の詳細は »

 

次世代マーケティングと謳われたRSSマーケティングはWeb2.0と同じ道を辿るのか

RSSやGoogleアラートを利用したマーケティングが普及しないのは利用者の絶対数の少なさともうひとつ

インターネットから情報を収集する際に利用しているツールは、主にRSSとGoogleのアラートです。
ウェブサイトを直接指定する方法と、キーワードによる指定の方法がありますが、意図した情報が得られるのであれば、ツールは特に意識することはありません。

ただ、これらをマーケティングに活用するのは、まだ日本のインターネットユーザーの操作リテラシーを考えると、少々厳しいかなと思います。


“次世代マーケティングと謳われたRSSマーケティングはWeb2.0と同じ道を辿るのか” の詳細は »

検索エンジンが無くなってソーシャルメディアだけが生き残るとしたら

検索エンジンがソーシャルメディアに淘汰されるという仮説。電子書籍が紙の本を淘汰するという話と同類だと思うのですよ。

どこの記事だったか忘れましたが、数年後には、検索エンジンがソーシャルメディアに淘汰されるという話を読みました。

非常にショッキングではありましたが、電子書籍が今後のトレンドとなって、出版業界がどうだとか、紙の本があーだとか、いろいろな議論と同様の、つまりは論客の好き勝手放談レベルならば気にも留めないわけですが。


“検索エンジンが無くなってソーシャルメディアだけが生き残るとしたら” の詳細は »

 

SEOは無料で出来ると言い放つのは検索エンジンにとって失礼じゃない?

SEOが無料で出来るというようなフレーズを本当に堂々とインターネットに公開することが出来るのか?

検索サービスというタグを付けている、このエントリーではありますが、検索サービスって何なのでしょうかね。
カンタンに検索サービスとは言え、すごく単純ですよ、本質は。

データを備蓄して、リクエストに対して、データを吐き出す・・これが検索エンジンの原始的な構造です。
これが歴史と技術と検索ユーザーの検索リテラシー、そしてインターネット環境とそれに付随するサービスの多様化などによって、複雑になっていったんですね。


“SEOは無料で出来ると言い放つのは検索エンジンにとって失礼じゃない?” の詳細は »

キーワード広告とコンテンツページSEOではどちらが集客とROIに優れる?

キーワード広告で数打てば当たる的戦略はもはや通用しない。綿密なマーケティングと訴求力がカギ。

検索連動型広告の利用が決まったら、まず、どういうプロセスを踏むのかを十分に検討しておきたいですよね。
闇雲にキーワードを入札して、数打ちゃ当たる的な、かつての情報商材アフィリエイター系のキーワード広告管理だと、ROIの最適化は難しくなります。

最近の法人は、検索連動型広告に対しての予算化が当たり前、という風潮になってきたことは好ましいことですよね。
SEOとバランスよく運営することをおすすめします。


“キーワード広告とコンテンツページSEOではどちらが集客とROIに優れる?” の詳細は »

 

SEOリテラシーの向上は正しい知識と本質を伝えることで布教活動はNG

「上位表示で売上げ向上します」という布教活動のお陰でSEOの本質が飛ばされている状況はマズイと思う。

SEOが保険と似ている話をしたことがありましたでしょうか。
過去にエントリーされていたならば、重複するかもしれませんが、またエントリーしてみたいと思います。

ご存知のように、保険もSEOも複雑です。
一般的に、業界外の人で、保険やSEOに詳しい人は、なかなかいませんよね。
SEOにはセミプロやプロ並みのアマチュアもいらっしゃいますが、相対的に、マニアな部類に入るでしょう。


“SEOリテラシーの向上は正しい知識と本質を伝えることで布教活動はNG” の詳細は »

Googleで法人サイトがトップ表示されると特典があるというウワサ

Googleのサイトリンクを自由自在にコントロールできるとしたらSEOがもっと楽しくなる?

Googleのサイトリンクを意図的に表示させることが出来たら、すごいと思いませんか。
実際は、サイトリンクの表示はGoogleの判断に依存しなければならないのですが、検証によって、表示のコツやツボがわかれば、検索ランキングトップの恩恵は、数倍にもなるのではないでしょうか。

ちなみに、Googleのサイトリンクがわからない場合は、Googleのウェブマスターセントラルを一読してみてください。


“Googleで法人サイトがトップ表示されると特典があるというウワサ” の詳細は »