seoblog

売りたいけど売らない姿勢が欲しくさせるコツといえる

ビジネスで大事なことは売り売り感を出さないこと。お客さんに期待を抱かせるような広告が効果的なこともある。

モノを売りたい人と買いたい人がマッチングすることで初めて売買という取引が成立します。
ビジネスとはその仕組みを作ることでもあるのですが、言葉では簡単ですが、実際は非常に難しいのがビジネスですよね。

しかし、ビジネスを複雑化させているのは、本人である、ということもあります。


“売りたいけど売らない姿勢が欲しくさせるコツといえる” の詳細は »

なぜSEOが必要なのか?どういう効果が得られるか?に対しての準備

SEOの利点はわかるが効果予測が難しい。企業のウェブ担当者がSEO導入をスムーズに行うには・・。

なぜSEOは必要なのか、という単純な疑問に答えるには、まず、オーガニック検索の検索結果から、広告効果とトラフィックが期待できるからですよね。
検索連動型広告に出稿しても、検索キーワードを検索ユーザーが入力してくれない限りは、広告を表示出来ませんよね。

SEOもデメリットはありますよ。
例えば、本日、SEOに着手して、一ヵ月後は何がどう変わるのかを明確に伝えられないことでしょう。


“なぜSEOが必要なのか?どういう効果が得られるか?に対しての準備” の詳細は »

テキストがToo Muchなランデイングページは詰め込みシンドローム汚染

クドイと感じるよりもあっさりとして一点集中のコンテンツがランディンクページとしては有効ですね。

会話のくどい人の相手は、正直、疲れますよね。
話題豊富とは違って、同じことの繰り返しがキツイんです(汗)
という人の話を聞いてですね、ランディングページって、こういう観点から作り上げても良いのかなあとも思っているんですが。

どういう相手なら話を聞けるか? または、どの程度なら他人の話を聞いていられるか?
ランディングページに限らずの話にもなりますが、コンバージョンに影響するページは神経を使いたいですよね。


“テキストがToo Muchなランデイングページは詰め込みシンドローム汚染” の詳細は »

「検索上位表示で売上げ倍増」という文言についての受け止め方は?

お客さんに過度の期待を抱かせるの詐欺なのか。SEOサービスにおける顧客目線の訴求の仕方とは。

SEO業者がサービスを提供する時に、心がけるべきことは、いくつかあると思います。
良いサービスを目指す、と言った抽象的なのものではなく、実務レベルに落とし込む必要があると思うのですよ。

例えば、「検索上位表示で売上げ倍増」といった訴求については、可能性なのか現実的な話なのかを、説明する義務があると思うのですよね。
つまり誤解を与えてはいけないということです。


“「検索上位表示で売上げ倍増」という文言についての受け止め方は?” の詳細は »

 

SEOでメッセージを伝えられる喜びをクライアントに体感して欲しい

SEOはウェブサイトに掲載しているメッセージを伝える技術と言えるように思いを込めたいですよね。

SEOとは何ぞや、と聞かれて、言葉に詰まるようならば、SEOエキスパートとしての道のりは長いでしょうね。
正解はありませんから、実践や検証によって成果を出した経験と歩から、自分なりの答えを持っていれば、それでいいわけです。
その考え方に共感できるかどうかは、相手次第なわけですからね。

SEOとは何かというと、メッセージを伝える手段、かなあとも考えています。


“SEOでメッセージを伝えられる喜びをクライアントに体感して欲しい” の詳細は »

真面目すぎる企業風土は知的生産性が低いというウワサ

仕事に遊び心は厳禁という傾向の強い日本の企業ではGoogleの超個性的オフィスを見てけしからんと叫ぶのでしょうか?

GoogleのロゴのことをDoodle(ドゥードゥル)と言うって知ってましたか?

まあ、Googleという会社は、遊び心を忘れないというか、知的創造性が豊かな職場を目指しているんでしょうね。
それと比較して、日本の大企業は真面目すぎるのではないでしょうかね。

“真面目すぎる企業風土は知的生産性が低いというウワサ” の詳細は »

 

SEOに疎いSEOブラック企業をクライアントとするならばトップを攻めよ

SEOブラック企業のSEO担当者として配属されたら最後。誰の協力も得られず経営者の無知が障害に。

SEO担当者を採用出来る法人は、小さな会社からすると非常に羨ましいと思います。
が、初めてSEO担当者を採用するとなったら、話は別になってくるんですよね。

社内には、SEOに関わっていた人はいないと推測出来ますからね。
となると、いきなり社内では第一人者となれるわけですが、環境が整備されていないことも十分に予想できそうです。
聞きかじりSEOをぶちまけてくる上司がいた日には、最悪ですよ。


“SEOに疎いSEOブラック企業をクライアントとするならばトップを攻めよ” の詳細は »

ブログでは自分のテリトリーの中で勝負出来る専門家として情報提供

自分のテリトリーの中での専門家として商用ブログを顧客と協働して育て上げる意識が管理運営のコツ。

商用ブログの運営は、推奨するSEOエキスパートは多いのですが、その運営にあたっての適切なアドバイスが貰えないと嘆くクライアントが多いのではないでしょうか。
これはブログは簡単である、という楽観的な記事が多いこととは裏腹に心理的抵抗があるように思うのですよ。

つまり、日本人の多くは文章の作成を苦手としており、それに対する抵抗感が尋常ではないということが、心理的抵抗の最も大きなものではないかなと思います。


“ブログでは自分のテリトリーの中で勝負出来る専門家として情報提供” の詳細は »

 

SEOを知らない人のために動き始めています

seo塾blog親衛隊というタイトルだけに消費者がバカを見るSEOサービスだけは巻き込まれないように情報提供したいもの。

SEO塾には使命があります。
それは、アコギな方法でSEOを商売の道具としてしか認識していない会社との契約を、何も知らない人が契約しないように、目利き力を鍛えることです。

さしあたってSEO事業会社仕分け論ですね。
契約だけ取ってきて、あとは地方の個人SEO業者に丸投げということもありますからね。


“SEOを知らない人のために動き始めています” の詳細は »

iPadより欲しいものがあるとしたらSEOエキスパートの皆さんは何を望む?

iPadは購入しないと決めました。一応理由はありますがWindowsベースのタブレット型パソコンを切望。

iPadが全然でないかも知れませんが、盛り上がっていないですね。
日経新聞でも、購入意欲がある人の数字は低かったように、一般的な層に対する商品ではないことが、これではっきりとしてきたのではないですかね。

パソコン講師の中には、時代が変わると言っている人もいるようですが、そこまで変化は無いんじゃないかなと思いますよ。
だからパソコン講師の皆さんは、安心して業務が続けられるでしょう。


“iPadより欲しいものがあるとしたらSEOエキスパートの皆さんは何を望む?” の詳細は »