SEO

コンテンツ文章のキーワード分散のSEO重要度はどれぐらいなのか

SEO塾マニュアルを読むとリカバリーの合理性がわかる。アルゴリズム変動を検知して対応する方法論。

キーワードの分散というノウハウを解説しているSEO記事があります。
分散とは、キーワードボリュームや近接度などに注意しながら、全体の文章の上中下に適度に割り振る、というものです。
面倒ですね(汗)

全てのページに、このように神経を使う必要があるのでしょうか。
このノウハウは、将来に渡っても有効であるという証明が出来るのでしょうか。


“コンテンツ文章のキーワード分散のSEO重要度はどれぐらいなのか” の詳細は »

単なるセールストークから高品質サービスまで判断不能な言い回しについて

SEOの威を借るウェブデザインの話。SEOを意識したデザインやSEOに強いテンプレートの真相とは

ホームページのデザインや制作を請負う業者さんのセールストークとして、「SEOを意識したデザイン」という言葉があります。

ほんとうにそんな事が可能なのでしょうか?
それが実現したら、SEOエキスパートはいらない、という話になりませんかね?


“単なるセールストークから高品質サービスまで判断不能な言い回しについて” の詳細は »

検索エンジン最適化業者の頭文字もSEOだとSEO対策は業者対策?

Googleは検索エンジン最適化業者もSEOと記すと書いています。SEO対策は業者対策とも受け取れる?

SEOとは、という検索キーワードでヒットするウェブページの内容のほとんどは、検索エンジン最適化という解釈を前提としてコンテンツが制作されています。
まあ、一般的に考えると、それが当然の流れですよね。

ところがですよ、Googleでは、検索エンジン最適化業者の意味としても扱っているようですね。
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=35291


“検索エンジン最適化業者の頭文字もSEOだとSEO対策は業者対策?” の詳細は »

「SEOに強い」サイトとかテンプレートとか元を質せば人の知識とノウハウ

SEOの強さをウェブサイトのプラットフォームやテンプレートに依存するのは初心者だけにしようね

WordPressはSEOに向いているプラットフォームなのか、という疑問を持っている人がいるということですので、それについて語ってみたいと思います。
SEO塾テンプレートもWordpressに実装するタイプですから、放ってはおけないのです(笑)

かつて「ブログはSEOに強い」という表現を繰り返していたアフィリエイターらが、今では全く何も言わなくなりました。
SEOに強いかどうかは、プラットフォームで決まるのでしょうか?


“「SEOに強い」サイトとかテンプレートとか元を質せば人の知識とノウハウ” の詳細は »

 

SEOで良いと思ったらまず仮説として実験をして検証しなければNG

内部最適化を完璧にやれば外部リンクの構築に全力を注げばいい?という問いも問題が内包されている。

SEO塾は、持続可能なSEOを標榜し、モジュールという概念を作り出しました。

しかしですね、これが受け入れられないという人もいるわけですが、何が気に食わないのでしょうかね?
試してもいないでしょうに。

とにかくSEOの世界はやっかみや批判が日常茶飯事で、もっと仲良く出来ないものかと思うのですが・・。


“SEOで良いと思ったらまず仮説として実験をして検証しなければNG” の詳細は »

ブログ投稿に必要な時間はかけるべきだけどムダな時間は排除しよう

人様にウンチクを垂れるなら既に相手より成功していなければならない。でないと虚言癖と思われるぞ。

SEO塾BLOG親衛隊は、Wordpressを利用して構築されています。
なかなか使い勝手もいいんですよ。
SEO塾のモジュール理論を埋め込んでいるだけではなくて、作業効率がよろしくないとテンプレートの意味が無いですからね。

特にタグの入力には好評を頂いています。
価格が高いという声もありますが、便利さと作業効率をお金で買える、という視点がなければ、価格そのもので判断するしかないですから、ご縁が無かったということになりますね。


“ブログ投稿に必要な時間はかけるべきだけどムダな時間は排除しよう” の詳細は »

 

SEOでメッセージを伝えられる喜びをクライアントに体感して欲しい

SEOはウェブサイトに掲載しているメッセージを伝える技術と言えるように思いを込めたいですよね。

SEOとは何ぞや、と聞かれて、言葉に詰まるようならば、SEOエキスパートとしての道のりは長いでしょうね。
正解はありませんから、実践や検証によって成果を出した経験と歩から、自分なりの答えを持っていれば、それでいいわけです。
その考え方に共感できるかどうかは、相手次第なわけですからね。

SEOとは何かというと、メッセージを伝える手段、かなあとも考えています。


“SEOでメッセージを伝えられる喜びをクライアントに体感して欲しい” の詳細は »

SEOに疎いSEOブラック企業をクライアントとするならばトップを攻めよ

SEOブラック企業のSEO担当者として配属されたら最後。誰の協力も得られず経営者の無知が障害に。

SEO担当者を採用出来る法人は、小さな会社からすると非常に羨ましいと思います。
が、初めてSEO担当者を採用するとなったら、話は別になってくるんですよね。

社内には、SEOに関わっていた人はいないと推測出来ますからね。
となると、いきなり社内では第一人者となれるわけですが、環境が整備されていないことも十分に予想できそうです。
聞きかじりSEOをぶちまけてくる上司がいた日には、最悪ですよ。


“SEOに疎いSEOブラック企業をクライアントとするならばトップを攻めよ” の詳細は »

 

アクセスが少ないと嘆く前に必要な処方箋を知ることで対策を打ちましょう

検索ランキングで上位に表示されているのにクリックスルレートが芳しくない場合の対処法とは。

キーワードは市場を表すと言っているのですが、検索結果の1ページ目に出現していることを、まずは素直に喜ぶべきです。
トップ5ともなると、歓喜してもいいぐらいなのですが、それだけではお客さんは満足しないのが現状です。

なぜならば、検索ランキングとクリックスルレートの関係が正比例しないということを知っているお客さんもいるからですよ。
このようにレベルの高いSEOリテラシーを持つクライアントは、自立の道を将来的には選ぶと良いですよね。


“アクセスが少ないと嘆く前に必要な処方箋を知ることで対策を打ちましょう” の詳細は »

違和感のあるブログの代表例としてカテゴリにある細工をしている

カテゴリへのキーワード挿入の是非について。分類ワードに改めてキーワードはウザイのでは?

ブログのカテゴリにキーワードを使うというノウハウ(なの?)が、よくSEO系ブログで語られていましたが、ウーン・・・ちょっと考えてしまいますよね。

カテゴリにトラフィックを集めたいのかどうか不明ですが、個別記事を全インデックスさせて、検索からトラフィックを稼ぐことが、ブログの特色を十分に機能させることになると思うのですが、いかがでしょう。


“違和感のあるブログの代表例としてカテゴリにある細工をしている” の詳細は »