アルゴリズム

コンテンツ文章のキーワード分散のSEO重要度はどれぐらいなのか

SEO塾マニュアルを読むとリカバリーの合理性がわかる。アルゴリズム変動を検知して対応する方法論。

キーワードの分散というノウハウを解説しているSEO記事があります。
分散とは、キーワードボリュームや近接度などに注意しながら、全体の文章の上中下に適度に割り振る、というものです。
面倒ですね(汗)

全てのページに、このように神経を使う必要があるのでしょうか。
このノウハウは、将来に渡っても有効であるという証明が出来るのでしょうか。


“コンテンツ文章のキーワード分散のSEO重要度はどれぐらいなのか” の詳細は »

SEOで良いと思ったらまず仮説として実験をして検証しなければNG

内部最適化を完璧にやれば外部リンクの構築に全力を注げばいい?という問いも問題が内包されている。

SEO塾は、持続可能なSEOを標榜し、モジュールという概念を作り出しました。

しかしですね、これが受け入れられないという人もいるわけですが、何が気に食わないのでしょうかね?
試してもいないでしょうに。

とにかくSEOの世界はやっかみや批判が日常茶飯事で、もっと仲良く出来ないものかと思うのですが・・。


“SEOで良いと思ったらまず仮説として実験をして検証しなければNG” の詳細は »

検索エンジンのスパム判定は絶対的な正確性は無いのかも

善のスパムと悪のスパムがあるのではという仮説。検索エンジンのスパム判定は絶対ではない?

スパムには2通りあると思っています。
ひとつは、真面目にSEOをやった結果、弾かれたという過剰SEO的スパム。
もうひとつは、意図的なスパム。

どちらもスパムですので、検索エンジンは容赦はしないですよね。
「いやいや、私は真面目一筋20年です」っていう言い訳も通用しない、シビアなジャッジぶりはドSとでも言っておきましょう(笑)


“検索エンジンのスパム判定は絶対的な正確性は無いのかも” の詳細は »

アルゴリズムの変動はSEOエキスパートのために在らずと考えよう

検索アルゴリズムの更新は誰のためかを考えると変化に一喜一憂するSEOエキスパートは廃業か?

Yahooの動向は最近特に面白いですよね。

皮肉ではなく、我々SEOエキスパートの探究心を十分に掻き立てるだけの現象をさらしてくれています。
逆に言うと、リカバリーの難易度が上がっているということですが、SEO塾自慢のモジュール論を内蔵しているテンプレートならば、少しは負担軽減になりますかね。


“アルゴリズムの変動はSEOエキスパートのために在らずと考えよう” の詳細は »

 

アクセスが少ないと嘆く前に必要な処方箋を知ることで対策を打ちましょう

検索ランキングで上位に表示されているのにクリックスルレートが芳しくない場合の対処法とは。

キーワードは市場を表すと言っているのですが、検索結果の1ページ目に出現していることを、まずは素直に喜ぶべきです。
トップ5ともなると、歓喜してもいいぐらいなのですが、それだけではお客さんは満足しないのが現状です。

なぜならば、検索ランキングとクリックスルレートの関係が正比例しないということを知っているお客さんもいるからですよ。
このようにレベルの高いSEOリテラシーを持つクライアントは、自立の道を将来的には選ぶと良いですよね。


“アクセスが少ないと嘆く前に必要な処方箋を知ることで対策を打ちましょう” の詳細は »

Googleのような単機能だけの1枚もののページのSEOをこれから検証

ペラページと呼ばれる単機能に絞った1枚構成のウェブサイトのSEOについてご意見が欲しいですね。

このエントリーは、まだ仮説の段階であり、実証が得られていませんので、「お話」としてお読み頂ければと思います。
単一ページのみのウェブサイトにおけるSEOです。

巷で言う、「ペラページ」のことですね。
ウェブサイトは、ペラページの集合体であるとも言えますが、あくまでも大きな1つのテーマがあっての集合体ですから、ウェブサイトとしてまとまるわけですが、1枚もののウェブサイトは、それのみが構成要素なので、果たして。


“Googleのような単機能だけの1枚もののページのSEOをこれから検証” の詳細は »

 

リンク価値の計算シミュレーション方法を知りたいなら

SEO塾は「リンクジュースの移動」なる漠然とした概念を具体的に数字でシミュレーション化に成功。

検索アルゴリズムの解明は、SEOエキスパートにとっては、究極の目標である目的とも言えるのではないでしょうか。
日々の検証は、まさにアルゴリズムを知ろうとする行動であるので、必然的に、アルゴリズム全体について知ろうとしていることになります。

現在の現象から仮説を立てて検証するアプローチもあれば、特許情報を引き出してリバースエンジニアリング的なアプローチもあるでしょう。

“リンク価値の計算シミュレーション方法を知りたいなら” の詳細は »

ブログの更新頻度が質の向上に寄与すれば回数は問わない?

ウェブサイトの更新は情報を出すための作業。更新のための更新は検索エンジンは何にも評価しない?

検索エンジンは更新頻度について、検索ランキング決定要因の要素になっていると思いますか?
YahooとGoogleの立場からすると、常にフレッシュな情報を提供しているウェブサイトは、ユーザーにとって役立つと考えているでしょうから、更新のための更新以外なら、ある程度の評価を下してくれるのではないでしょうかね。

ファイルのタイムスタンプのみを更新する、というクローキングっぽい手法もあるようですが、その対策は検索エンジニアは然るべきときにやるでしょうね。


“ブログの更新頻度が質の向上に寄与すれば回数は問わない?” の詳細は »

 

アルゴリズムを大胆に予測すると検索ランキング必要要素が見えてくる?

今後検索ランキングの決定要因として採用されるかも知れないSEO要素があるとしたらどれだろうか?

もしも、という前提で好き勝手に書くつもりですが、検索エンジンが今後、検索ランキングの順位決定要因として採用するSEO要素は、一体どれになるだろうか、というエントリーです。

妄想の世界で、実際に採用されるわきゃない、と勝手に考えているから書ける事です。
が、半分冗談ですが、半分は本気のところもあるので、一度、読んでみて下さい。


“アルゴリズムを大胆に予測すると検索ランキング必要要素が見えてくる?” の詳細は »

Yahoo!検索 アルゴリズム Update 2009/12/07

本日、2009年12月7日 10:15
Yahoo!検索 スタッフブログにて、
Yahoo! JAPAN のウェブサーチエンジン「Yahoo! Search Technology (YST)」の
検索アルゴリズムをバージョンアップしたと報告がありましたね。