algorism

SEOカウンセリングではトラフィックと成約の問題を区別させることが重要

トラフィックの獲得と成約は別問題であることを認識していないのがクライアントであるという前提で。

SEOのコンサルティングでは、時折、クライアントとの意志の疎通が難しく感じる時があるのではないでしょうか。
特に、クライアントがSEOを手っ取り早くやれるものであるという先入観があると、それだけで障害が発生する可能性も否定できないですよね。

つまり誤解を解くことから始めるのが、現状のSEOコンサルティングのスタートではないでしょうか。
違いませんか、SEOエキスパートの皆さん。


“SEOカウンセリングではトラフィックと成約の問題を区別させることが重要” の詳細は »

1万人分のメールアドレスを30万円で売られていたら迷わず買いますか?

何も知らない人の資金を食い潰すこともビジネスか?過去のメールマーケティングの悲しい現実を見る。

メールマーケティングについては、かつてアフィリエイトの分野では特殊なガラパゴスでした。
メールマガジンの購読者を増やして、情報商材の販売のために、1日に数通配信するという、ノウハウでもなんでもない、単なる運営方法が高額で取引されていたようです。

購読者の増加は、決してナチュラルなものではなく、懸賞で集めたリストを購入することがベーシックな方法で、そのために数十万の投資を惜しまないメルマガ管理者もいたのです。


“1万人分のメールアドレスを30万円で売られていたら迷わず買いますか?” の詳細は »

お金を理由にサービスを受けられない会社の救済措置は必要か?

お金の無いお客さんへのSEOサービスは是か非か?こんなことをエントリーするのはSEO塾だけかも。

「お金が無いけどSEOやってくれませんか?」
というお客さんがいたとしたら、SEOエキスパートのプライドがあるから、お断りするのか、それとも儲けてもらったら後でゴッソリと報酬を貰うか、その判断はどうしてますか?

現実問題として、こういう相談をしたい小さな会社ってあると思うんです。
小さな会社といっても、社長を含めて2.3人という極零細企業です。


“お金を理由にサービスを受けられない会社の救済措置は必要か?” の詳細は »

Googleの「リアルタイム検索」に専用ページ出現と機能追加

Googleのリアルタイム検索ではどのような使い道が考えられるでしょうか

Googleの「リアルタイム検索」を体験しましたけど、ツイッターのつぶやきが、ズラッと出てきます。

2.3個のキーワードで検索しただけで、レビューするには材料が少なすぎると思うので、深い言及は避けますが、今、特に必要性は感じなかったですね。

“Googleの「リアルタイム検索」に専用ページ出現と機能追加” の詳細は »

 

違和感のあるブログの代表例としてカテゴリにある細工をしている

カテゴリへのキーワード挿入の是非について。分類ワードに改めてキーワードはウザイのでは?

ブログのカテゴリにキーワードを使うというノウハウ(なの?)が、よくSEO系ブログで語られていましたが、ウーン・・・ちょっと考えてしまいますよね。

カテゴリにトラフィックを集めたいのかどうか不明ですが、個別記事を全インデックスさせて、検索からトラフィックを稼ぐことが、ブログの特色を十分に機能させることになると思うのですが、いかがでしょう。


“違和感のあるブログの代表例としてカテゴリにある細工をしている” の詳細は »