管理

ドメインというサイバー不動産所有権は投資対象として最大のROIを生む

ドメインを所有する目的は何かを深く考えてみる。1ドメイン当たりのROIがプラスならば数を増やすだけ。

ドメインを取得することは、資産を手に入れることと同じだと思っています。

極端な話、1ドメイン1アクセスでも、1000ドメイン所有していれば、1日1000アクセスを得ることが出来ます。
月間ですと、約30,000アクセスです。
もちろん、これは現実的なトラフィックの獲得法ではありません。

言いたいことは、基準値の限界を解き放つ、ということです。


“ドメインというサイバー不動産所有権は投資対象として最大のROIを生む” の詳細は »

ウェブサイトオーナーがやってはいけないリンク依頼の些細なミステイク

リンクの依頼先のデータベースを作成して進捗管理することはもはや当たり前。リンク管理能力とは。

リンクの管理は適正にやっていますか?
SEOエキスパートと言えど、技術やカキルの向上だけでなく、管理能力やマネジメント能力も鍛え上げていく必要は、当然のごとくあるわけです。

リンクひとつ管理出来ない、というSEOエキスパートは居ないのですが、新人ウェブサイト運営者に贈るエントリーとして、お読み頂ければ幸いです。


“ウェブサイトオーナーがやってはいけないリンク依頼の些細なミステイク” の詳細は »

ランディングページ最適化で見込み客から固定客へのステップに

ランディングページの最適化は見込み客を固定客へと転換させる機能もあるかもしれないことについて。

冗長なテキスト文で埋め尽くされているランディングページは、見る価値に値するかどうか、という議論は少なからずありますよね。
縦に長いセールスページについての是非が、インターネット上で展開されているわけですが、ページの長い短いではなくて、何にフォーカスしているか、ということがポイントではないでしょうか。

よく、縦長セールスページを読ませる文言として、メールマガジンなどで「よく読むように」「ノウハウが隠されています」と伝えるわけですが、買う気にさせるためのテクニックですよね。


“ランディングページ最適化で見込み客から固定客へのステップに” の詳細は »

ブログ投稿に必要な時間はかけるべきだけどムダな時間は排除しよう

人様にウンチクを垂れるなら既に相手より成功していなければならない。でないと虚言癖と思われるぞ。

SEO塾BLOG親衛隊は、Wordpressを利用して構築されています。
なかなか使い勝手もいいんですよ。
SEO塾のモジュール理論を埋め込んでいるだけではなくて、作業効率がよろしくないとテンプレートの意味が無いですからね。

特にタグの入力には好評を頂いています。
価格が高いという声もありますが、便利さと作業効率をお金で買える、という視点がなければ、価格そのもので判断するしかないですから、ご縁が無かったということになりますね。


“ブログ投稿に必要な時間はかけるべきだけどムダな時間は排除しよう” の詳細は »

 

リンクビルディングという難儀な作業をスムーズに行うための相手選び

リンクの獲得の難しさは体験しなければわからない。企業がリンクの獲得を実施する際のプロセスとは。

リンクの相手が見つからないと嘆いているウェブ担当者は、アプローチのプロセスが「思いつき」になってはいませんか?
もっともリンクの機会は思っている以上にあると思いますよ。

リンクの依頼に萎縮していることもあるでしょう。
確かにネットビジネスに頼らない会社でさえも、ホームページは所有していたりする時代ですから、リンク獲得はキツイ仕事ですよね。


“リンクビルディングという難儀な作業をスムーズに行うための相手選び” の詳細は »

売れるものは黙っていても売れるけれども売れない商品は?

通販サイトで売れにくい商品をあえて売るための施策を継続的にやっていきましょう

通販サイトでは、ロングテールを狙った集客も可能ですが、前提としては適切なSEO設計は必要です。

商品ごとにキーワードも異なるでしょうから、膨大な作業量にはなります。
しかし、ただ商品数が多いから、ロングテールを期待することは、そもそも虫の良い考え方だと思いますよ。

“売れるものは黙っていても売れるけれども売れない商品は?” の詳細は »

 

管理サイトがリサーチや売上げに貢献しているか不明な場合は除外

業務と無関係なブログをビジネスサイトからリンクするメリットは何か教えてください。多分無いですよね。

同一業界での複数ブログの運営に、最近、疑問を投げかけている人がいるようです。
このエントリーでは、同一業界の複数ドメインによるウェブサイト論について、言及してみたいと思いますが、当然、好き勝手な放言ですので、気になさらないように。

つまり、複数ドメインの運用と1ドメインによる運用のメリットとデメリットを見直すきっかけになればいいかなと思います。
正解はありません。


“管理サイトがリサーチや売上げに貢献しているか不明な場合は除外” の詳細は »

なぜSEOが必要なのか?どういう効果が得られるか?に対しての準備

SEOの利点はわかるが効果予測が難しい。企業のウェブ担当者がSEO導入をスムーズに行うには・・。

なぜSEOは必要なのか、という単純な疑問に答えるには、まず、オーガニック検索の検索結果から、広告効果とトラフィックが期待できるからですよね。
検索連動型広告に出稿しても、検索キーワードを検索ユーザーが入力してくれない限りは、広告を表示出来ませんよね。

SEOもデメリットはありますよ。
例えば、本日、SEOに着手して、一ヵ月後は何がどう変わるのかを明確に伝えられないことでしょう。


“なぜSEOが必要なのか?どういう効果が得られるか?に対しての準備” の詳細は »

 

真面目すぎる企業風土は知的生産性が低いというウワサ

仕事に遊び心は厳禁という傾向の強い日本の企業ではGoogleの超個性的オフィスを見てけしからんと叫ぶのでしょうか?

GoogleのロゴのことをDoodle(ドゥードゥル)と言うって知ってましたか?

まあ、Googleという会社は、遊び心を忘れないというか、知的創造性が豊かな職場を目指しているんでしょうね。
それと比較して、日本の大企業は真面目すぎるのではないでしょうかね。

“真面目すぎる企業風土は知的生産性が低いというウワサ” の詳細は »

SEOに疎いSEOブラック企業をクライアントとするならばトップを攻めよ

SEOブラック企業のSEO担当者として配属されたら最後。誰の協力も得られず経営者の無知が障害に。

SEO担当者を採用出来る法人は、小さな会社からすると非常に羨ましいと思います。
が、初めてSEO担当者を採用するとなったら、話は別になってくるんですよね。

社内には、SEOに関わっていた人はいないと推測出来ますからね。
となると、いきなり社内では第一人者となれるわけですが、環境が整備されていないことも十分に予想できそうです。
聞きかじりSEOをぶちまけてくる上司がいた日には、最悪ですよ。


“SEOに疎いSEOブラック企業をクライアントとするならばトップを攻めよ” の詳細は »