業界

単なるセールストークから高品質サービスまで判断不能な言い回しについて

SEOの威を借るウェブデザインの話。SEOを意識したデザインやSEOに強いテンプレートの真相とは

ホームページのデザインや制作を請負う業者さんのセールストークとして、「SEOを意識したデザイン」という言葉があります。

ほんとうにそんな事が可能なのでしょうか?
それが実現したら、SEOエキスパートはいらない、という話になりませんかね?


“単なるセールストークから高品質サービスまで判断不能な言い回しについて” の詳細は »

1万人分のメールアドレスを30万円で売られていたら迷わず買いますか?

何も知らない人の資金を食い潰すこともビジネスか?過去のメールマーケティングの悲しい現実を見る。

メールマーケティングについては、かつてアフィリエイトの分野では特殊なガラパゴスでした。
メールマガジンの購読者を増やして、情報商材の販売のために、1日に数通配信するという、ノウハウでもなんでもない、単なる運営方法が高額で取引されていたようです。

購読者の増加は、決してナチュラルなものではなく、懸賞で集めたリストを購入することがベーシックな方法で、そのために数十万の投資を惜しまないメルマガ管理者もいたのです。


“1万人分のメールアドレスを30万円で売られていたら迷わず買いますか?” の詳細は »

バズワードとしては有名な「WEB2.0」がもたらした効果とは

WEB2.0はバズワードとして流行したが実践的ではなかった。概念を盛り込んだサイトは高品質とは限らない。

WEB2.0という概念が、とうとう爆発せずにフェードアウトしている今日この頃ですが、どなたか理解したヒトはいませんか?
全く、掴みどころの無い概念、というと言い過ぎですが、盛り上がりませんでしたね。

中には、ロゴが立体的である、ということが「WEB2.0」である、という論調もあって、苦笑してしまったこともあったのですが、インターネットにおけるウェブサイトの質や利便性、理想を掲げるということは、悪くないことだと思いますよね。


“バズワードとしては有名な「WEB2.0」がもたらした効果とは” の詳細は »

「検索上位表示で売上げ倍増」という文言についての受け止め方は?

お客さんに過度の期待を抱かせるの詐欺なのか。SEOサービスにおける顧客目線の訴求の仕方とは。

SEO業者がサービスを提供する時に、心がけるべきことは、いくつかあると思います。
良いサービスを目指す、と言った抽象的なのものではなく、実務レベルに落とし込む必要があると思うのですよ。

例えば、「検索上位表示で売上げ倍増」といった訴求については、可能性なのか現実的な話なのかを、説明する義務があると思うのですよね。
つまり誤解を与えてはいけないということです。


“「検索上位表示で売上げ倍増」という文言についての受け止め方は?” の詳細は »

 

事業規模によってSEOサービスの利用の仕方は変わって当然

SEO市場は緩やかに右肩上がりの予測が出ていますが予測は確定では無いことを忘れずに

マザーズ上場の某コンサルティング会社によれば、SEO市場は、インハウス、ツール、アウトソーシングの主に3つにカテゴライズされているようです。

市場規模としては、2010年度は190億円前後を予想しているようですが、年々市場は拡大傾向であるとのこと。

では、3つのカテゴリでののびしろはどれが大きいのでしょうか?


“事業規模によってSEOサービスの利用の仕方は変わって当然” の詳細は »

SEOを知らない人のために動き始めています

seo塾blog親衛隊というタイトルだけに消費者がバカを見るSEOサービスだけは巻き込まれないように情報提供したいもの。

SEO塾には使命があります。
それは、アコギな方法でSEOを商売の道具としてしか認識していない会社との契約を、何も知らない人が契約しないように、目利き力を鍛えることです。

さしあたってSEO事業会社仕分け論ですね。
契約だけ取ってきて、あとは地方の個人SEO業者に丸投げということもありますからね。


“SEOを知らない人のために動き始めています” の詳細は »

 

Googleのエンジニア等優秀な人材をキープするための財務体質強化

君もGoogleの資産を自由に操って財務体質の強化を図ってみないか?SEO屋が出来るのも財務体質次第。

その昔、Googleの求人情報を和訳ツールを使って読んだことがありました。
そんな中で、Googleの資産を動かすトレーダーを募集しているんですよ。

http://www.google.com/intl/en/jobs/uslocations/mountain-view/finance/taxtreasury/trader-foreign-government-bonds-mountain-view/index.html

良かったら応募してみてはいかがでしょうか(笑)


“Googleのエンジニア等優秀な人材をキープするための財務体質強化” の詳細は »

SEO業界は視野の広いSEOオタクが信頼されるという不思議な世界

Googleが検索シェアのほとんどを占めている国のSEOはGoogleだけを見ていれば良いのかな?

欧米のSEO情報を見ていると、本当に世界は広いなあと思いますよ。
和訳ツールで読んでいるので、多少、読みにくい部分はあるんですが、まだまだ、自分自身がSEO業界では小さいなあと思ってしまいます。

なんといってもですね、好きさ加減が違うような気がするんですよ。
簡単に言うと、SEOオタクがたくさんいるってことです(笑)


“SEO業界は視野の広いSEOオタクが信頼されるという不思議な世界” の詳細は »

 

HTML5という規格がSEOの新しいマーケットやサービスを生み出すか?

HTML5の本格的な対応が始まると動画検索SEOが新たなジャンルとして確立される可能性はあるのか

Yahooの記事で見かけたんですが、「HTML5」という規格への対応が来年あたりから本格化するというものです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100528-00000002-rnijugo-sci

詳しくは「HTML5」などで検索して、ここでの説明より素晴らしいコンテンツをご覧頂くほうがよろしいとは思います。


“HTML5という規格がSEOの新しいマーケットやサービスを生み出すか?” の詳細は »

アドセンスに関して不透明な部分が一部公表に至った経緯は外部圧力?

Google Adsenseにおける収益分配率を突然公表した裏には不透明性を指摘する外部からの圧力があった?

GoogleがGoogle Adsenseの収益についての不透明性を指摘されたのか、突然、分配率を公表しました。
実は、以前より個人的に疑問を持っていたのですが、特にSEO塾では「アドセンス」は関わりが無いので、なるほどね、という感想です。

実際、アドセンスを掲載するウェブサイトを運営する人にとっては、この発表をどう受け止めているのか、少し関心がありますね。
もしかすると、特別な意見も無いのかもしれませんが。


“アドセンスに関して不透明な部分が一部公表に至った経緯は外部圧力?” の詳細は »