トピック

寝た子を起こすことがSEO市場の拡大とSEO業界の発展に繋がる?

SEO市場の拡大のキモは我々SEOエキスパートによるSEOの必要性の継続的訴求による需要喚起ではないか。

珍しくビジネスに関するエントリーです。

ビジネスは総じて簡単ではありませんよね。
我々SEOエキスパートが属する、成熟途中のSEO市場では、既に成熟した市場が用いているマーケティング手法を転用しても、ターゲット客が来ない可能性もあります。


“寝た子を起こすことがSEO市場の拡大とSEO業界の発展に繋がる?” の詳細は »

実店舗が繁盛していない企業がネット進出しても大抵コケる理由とは

ネットビジネスの成功は優れたビジネスモデルでもサービスでも商品でもなく人材にかかっている。

ショッピングモールの専門店街では、同業なのにお客さんの入りが全然違う、という状況に出くわすことがあります。
バーゲンでも何でも無い、通常営業であっても、集客力の差はいかんともし難いというのがわかりますよ。

こういう時、頭の中でマーケティングのシミュレーションをして、訓練をするクセ付けをするといいですよ。
当事者意識の大切さは、SEOだけでなく、あらゆる場面で役立つでしょうからね。


“実店舗が繁盛していない企業がネット進出しても大抵コケる理由とは” の詳細は »

SEOコンサルタント選びに迷ったらフィーリングで決めてもいいかも

SEOコンサルタントを客観的に評価する指標は無い。だからこそ選定は慎重にかつフィーリングも大事に。

フリーのSEOコンサルタントと企業に所属しているSEOコンサルタントでは、どちらが優秀か、なんていう問いはナンセンスです。
ただし、「株式会社」ということだけを見て取ると、社会的な信用は違いますね。

それがそのままSEOコンサルタントの信用ではないので、勘違いして欲しくないわけですが、どちらにしろ、クライアントからすると客観的な評価指標が無いんですよね。


“SEOコンサルタント選びに迷ったらフィーリングで決めてもいいかも” の詳細は »

成果報酬型SEOサービスに無い固定報酬型SEOコンサルティングの知恵

SEOコンサルタントを雇うことを「投資」と考える企業はウェブ利用のビジネスモデル構築も改善出来る。

自らを売り込むわけではありませんが、SEOエキスパートを企業が雇うメリットは、非常にたくさんあります。
SEOコンサルティング料以上の価値は当たり前です。

当然、企業はSEOエキスパートをコンサルタントとして雇うのは「投資」と考えているでしょうから、積極的な姿勢をひしひしと感じます。
逆に、仕方がないから雇うか、という「コスト意識」しかないクライアントは、どんなに優秀なSEOエキスパートを招聘してもダメでしょう。


“成果報酬型SEOサービスに無い固定報酬型SEOコンサルティングの知恵” の詳細は »

 

SEOセミナーで最も重要なことは講師にポロッとキモを言わせること

SEOセミナーで大切なこと。真面目に話を聞くのは当たり前。オフレコの話を講師から聞き出す方法とは。

SEOセミナーでは、セミナーそのものも大事なのですが、講師に直接セミナー会場で質問する、というには日本人気質からすると、あまり頻繁には行われないですよね。

質問下手ということもあるのでしょうが、奥ゆかしい日本人は「気恥ずかしい」ということが、ネックなのだと思います。
そこで懇親会での情報の引き出しが必要になってくるんですよね。


“SEOセミナーで最も重要なことは講師にポロッとキモを言わせること” の詳細は »

ウェブサイトテーマとコンテンツ設計は料理ジャンルとレシピの関係

ビジネスサイトの制作過程は料理と似ている。お客さんを無視して先ず食器を選ぶ料理人は居ない。

SEOエキスパートが考える、合理的なウェブサイト制作の手順を考えてみましょう。

本来は、ウェブマーケティングやSEO/SEMに疎いクライアントは、直接、ウェブサイトの制作に首を突っ込む事は、何もメリットを生むことは無い、と思うのですがいかがでしょうか。

かなりシビアなことを言いますが、資金垂れ流しが平気な経営者は皆無であるはずなので、参考になればと思います。


“ウェブサイトテーマとコンテンツ設計は料理ジャンルとレシピの関係” の詳細は »

 

ウェブサイトやブランドの評判の向上に活用したいソーシャルメディア

ソーシャルブックマークの利用はバックリンク以外の目的が必要。評判を勝ち取るためには有効活用必須。

ソーシャルブックマークやソーシャルメディアが検索結果に表示されることをヨシとしない意見もあるようですが、あなたはどう考えていますか。

確かに、ソーシャルブックマークのドメインは強力ですよ。
考え方を変えてみれば、まだ、育っていないドメインのコンテンツページを、ソーシャルブックマークやソーシャルメディアのチカラで広告効果を上げられる可能性があるということですよね。


“ウェブサイトやブランドの評判の向上に活用したいソーシャルメディア” の詳細は »

訪問者を逃さない404エラーページの最適化を考えてみよう

404エラーページに手を加えないのは業務放棄に相当。404エラーページを有効活用して訪問者を逃すな。

ずはりお聞きしたいことがあります。
404エラーページの最適化を考えたことはありますか?

恐らく、そこまで最適化を考えているウェブサイトオーナーやSEO、ウェブマーケット担当者は、そうそういないのではないでしょうか。
意外に使える404エラーページについて、出来るだけ言及してみたいと思います。


“訪問者を逃さない404エラーページの最適化を考えてみよう” の詳細は »

 

キーワードアドバイスツールサービス終了で慌てた人そうでない人

無料で利用できるサービスが永遠に続くと思っていることはリスクであることを知っておきたいものです。

キーワードアドバイスツールを、かつて虎の子のように利用していて、サービス終了に際は不快感を示した人は多かったようです。
「いつまでも、あると思うな、無料サービス」

都合よく、いつまでも無料サービスが続くと思うのは間違いです。
いつサービス終了するかというリスクに気付いていれば、キーワードアドバイスツール無しでもキーワード調査が出来る術を身につけておくことは出来たのではないでしょうか。


“キーワードアドバイスツールサービス終了で慌てた人そうでない人” の詳細は »