トピック

SEO業界は視野の広いSEOオタクが信頼されるという不思議な世界

Googleが検索シェアのほとんどを占めている国のSEOはGoogleだけを見ていれば良いのかな?

欧米のSEO情報を見ていると、本当に世界は広いなあと思いますよ。
和訳ツールで読んでいるので、多少、読みにくい部分はあるんですが、まだまだ、自分自身がSEO業界では小さいなあと思ってしまいます。

なんといってもですね、好きさ加減が違うような気がするんですよ。
簡単に言うと、SEOオタクがたくさんいるってことです(笑)


“SEO業界は視野の広いSEOオタクが信頼されるという不思議な世界” の詳細は »

HTML5という規格がSEOの新しいマーケットやサービスを生み出すか?

HTML5の本格的な対応が始まると動画検索SEOが新たなジャンルとして確立される可能性はあるのか

Yahooの記事で見かけたんですが、「HTML5」という規格への対応が来年あたりから本格化するというものです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100528-00000002-rnijugo-sci

詳しくは「HTML5」などで検索して、ここでの説明より素晴らしいコンテンツをご覧頂くほうがよろしいとは思います。


“HTML5という規格がSEOの新しいマーケットやサービスを生み出すか?” の詳細は »

年間事業計画が立てられるSEOエキスパートは幸せではなかろうか

SEO事業の年間スケジュールが組める喜びを感じます。仕事に永久無いと考えているからこその喜びです。

年間あるいは月間の計画と目標を作るのは、事業主だけではなく担当者でも同様に大切なことですよね。
日々の業務ボリュームにバラツキは無いかどうかも、チェック出来ますし、目標が低すぎたと気付いたら、上方修正したりすることでしょう。

SEOの作業は書き出せばキリが無いんですが、日々の作業記録を集計していくと、何に時間が割かれているのか一目瞭然です。
重要ではない好きな作業ばかりやってませんか?


“年間事業計画が立てられるSEOエキスパートは幸せではなかろうか” の詳細は »

アドセンスに関して不透明な部分が一部公表に至った経緯は外部圧力?

Google Adsenseにおける収益分配率を突然公表した裏には不透明性を指摘する外部からの圧力があった?

GoogleがGoogle Adsenseの収益についての不透明性を指摘されたのか、突然、分配率を公表しました。
実は、以前より個人的に疑問を持っていたのですが、特にSEO塾では「アドセンス」は関わりが無いので、なるほどね、という感想です。

実際、アドセンスを掲載するウェブサイトを運営する人にとっては、この発表をどう受け止めているのか、少し関心がありますね。
もしかすると、特別な意見も無いのかもしれませんが。


“アドセンスに関して不透明な部分が一部公表に至った経緯は外部圧力?” の詳細は »

 

iPadより欲しいものがあるとしたらSEOエキスパートの皆さんは何を望む?

iPadは購入しないと決めました。一応理由はありますがWindowsベースのタブレット型パソコンを切望。

iPadが全然でないかも知れませんが、盛り上がっていないですね。
日経新聞でも、購入意欲がある人の数字は低かったように、一般的な層に対する商品ではないことが、これではっきりとしてきたのではないですかね。

パソコン講師の中には、時代が変わると言っている人もいるようですが、そこまで変化は無いんじゃないかなと思いますよ。
だからパソコン講師の皆さんは、安心して業務が続けられるでしょう。


“iPadより欲しいものがあるとしたらSEOエキスパートの皆さんは何を望む?” の詳細は »

オンラインの話題は日常会話にリンク出来るほど浸透仕切っていない事も

都市部とローカルのネットインフラの差は無くなるでしょうがリテラシーに関してはどうだろうか?

まだまだ、インターネットと日常の話題の乖離の差が激しいと実感したことがあります。
周辺情報デ恐縮ですが、恐ろしいほど「ツイッター」を知っている人が少なかったのです。
老若男女問わずですが、少しだけショックだったと共に、井の中の蛙になりかけるところでした。

事業者は井の中の蛙になってはいけない、と思っているので、やはりインターネットの世界と日常の世界を簡単にリンクさせてはいけないのだなあと思いましたね。


“オンラインの話題は日常会話にリンク出来るほど浸透仕切っていない事も” の詳細は »

 

人間の能力は開発されるものなのか生誕と共に備わっているものなのか

SEOエキスパートにひつような能力を突き詰めて考えていくと答えは簡単だった。他の職業でも同様では?

我々はSEOエキスパートだ、と自ら言い放っていますが、その客観的な資格を有することを証明するものが無いので、技量や経験および実績で訴えて、「あいつはエキスパートである」と認めてもらうことしかないんですよね。

特にローカルで気張っているSEOエキスパートは、都を食ってやろうという気概は持っていますが、無益な戦いは挑まないというスタンスです。
基本的には、SEOが好きですから、敵対関係は作りたくないわけです。


“人間の能力は開発されるものなのか生誕と共に備わっているものなのか” の詳細は »

1記事500文字以上単価200円と10Pのホームページ制作3万円を比較

成熟した市場に投入するサービスは付加価値の創出無しに高収益は期待出来ない事が求人情報でわかる。

ウェブマーケティングを下支えするウェブライターやコンテンツ制作者を外注したいと考えたとき、相場が気になるところでしょう。
所謂、ネット関係の作業者を募集する求人サイトを見てみると、驚くべきコストで仕事を発注していることが丸分かりです。

特にライター案件はヒドイですね。
1記事500文字以上で200円など、ザラにあります。
ここまでハードルが下がると、成果物と応募者の両方の品質は、ズバリ期待出来ません。


“1記事500文字以上単価200円と10Pのホームページ制作3万円を比較” の詳細は »

 

時間価値の高いSEOを提供するためには行動計画がブレてはいけない

行動計画を文書化することは時間価値の最大化を実現する。時間価値の高い仕事は利益に貢献する。

時間価値の高い仕事をするには、いったいどうすれば良いでしょうか。
これは単純に、客単価を高くする、という意味ではなく、自分の作業を含むビジネス活動のすべてにおいて、ムダとなる部分を最小化出来るかどうか、という視点です。

SEOの依頼を受ける前と受けた後の行動計画を、きっちりと文書化しておくことは、活動のブレ幅を抑える役割があります。
クライアントの要望は様々だからこそ、ブレた行動は時間のロスに繋がるのではないでしょうか。


“時間価値の高いSEOを提供するためには行動計画がブレてはいけない” の詳細は »

寝た子を起こすことがSEO市場の拡大とSEO業界の発展に繋がる?

SEO市場の拡大のキモは我々SEOエキスパートによるSEOの必要性の継続的訴求による需要喚起ではないか。

珍しくビジネスに関するエントリーです。

ビジネスは総じて簡単ではありませんよね。
我々SEOエキスパートが属する、成熟途中のSEO市場では、既に成熟した市場が用いているマーケティング手法を転用しても、ターゲット客が来ない可能性もあります。


“寝た子を起こすことがSEO市場の拡大とSEO業界の発展に繋がる?” の詳細は »